Excel(エクセル)基本講座:カウント(COUNT)の関数

スポンサードリンク


数値データのセル数(COUNT関数) 空白を除く全てのセル数(COUNTA関数)
空白のセル数(COUNTBLANK関数) 名前をつける
条件付きでカウント(COUNTIF関数) 複数条件でのカウント
(DCOUNT,DCOUNTA,SUMPRODUCT)
複数条件付きでカウント(COUNTIFS関数)
区間のセル数(FREQUENC関数)

数値データのセルを数える     topへ
 カウント
=COUNT(範囲)

文字や数値、式などのデータが入力されているセルを数える 未入力セルは数えません。
 カウントエー
=COUNTA(範囲)

空白のセルを数える
 カウントブランク
=COUNTBLANK(範囲)


検索条件に合うセルを数える。     topへ
 カウントイフ
=COUNTIF(範囲,検索条件)
   検索条件に文字や式を使う時には「"」(半角の二重引用符)で囲みます。

完全一致の検索

部分一致の検索 - ワイルドカード文字を使って数える     topへ

検索条件の様々な書き方の例     topへ

○○以上△△未満のセル数を数える     topへ

(おまけ1)文字の数を検索条件としてセル数を数える。

(おまけ2)SUM関数との組み合わせ方

検索値にセル参照と不等号を組み合わせる     topへ

重複データのチェックをする     topへ

参考資料    topへ

COUNTIFS関数複数の検索条件に一致するセルの個数を返します。 Topへ
カウント イフズ
COUNTIFS(検索条件範囲1,検索条件1,検索条件範囲2,検索条件2...)
  Excel2007で追加された関数です。

複数の条件に合うデータ数を数える     topへ
 ディーカウント
=DCOUNT(Database,フィールド,Criteria)

 ディーカウントエー
=DCOUNTA(Database,フィールド,Criteria)

【別解1】SUMPRODUCT関数を使った例


【別解1】SUMPRODUCT関数を使った例

データの頻度分布を、縦方向の数値の配列として返す(度数分布)     topへ
 フリークエンシー
=FREQUENCY(データ配列,区間配列)

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋 »  エクセル関数一覧表 »  カウント(COUNT)の関数

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27