よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|データベース クエリ(データ抽出)
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)基本講座:データベース クエリ(データ抽出)

スポンサードリンク


このページで使用したデータ (以下、『データ表』とします)

新しいデータベースクエリ     Topへ

  1. メニューバーの【データ】→【外部データの取り込み】→【新しいデータベース クエリ】を選択します。
    データベースクエリ:メニュー操作
  2. 「データソースの選択」の「データベース」タブで【Excel Files*】を選択し、【OK】ボタンをクリックします。
    データベースクエリ:ソースの選択
  3. 「ブックの選択」でデータリストがあるExcelファイルを選択します。
    データベースクエリ:ブックの選択
    1. 以下のような警告が表示された場合
      データベースクエリ:警告メッセージ
    2. 「クエリ ウィザード」の【オプション】ボタンをクリックし、「テーブルオプション」で【システム テーブル】のチェックを一度OFFにして【OK】ボタンをクリックします。
      そして、再度【オプション】から【システム テーブル】のチェックをONにすると次へ進めるます。
      (原因や理由は理解していませんが、なぜかこの方法で対処できました)
      データベースクエリ:テーブルオプション
  4. 「クエリウィザード-列の選択」でデータリストのあるシートから必要な項目を「クエリの列」に移します。
    今回はすべての項目を移動して、【次へ】をクリックします。
    なお、集出先のリスト項目は「クエリの列」の順序順に並びますので、並べたい順番に右へ移動します。。
    データベースクエリ:列の選択
  5. 「クエリウィザード-データの抽出」で抽出する列(項目)と抽出条件を設定します。
    今回は「担当者」で「岡田」のデータを抽出したいと思います。
    【次へ】をクリックします。
    データベースクエリ:データ抽出
  6. 「クエリウィザード-並べ替え順序の設定」で抽出データを並べ替える条件を設定します。
    今回は「伝票No.」で「昇順」としました。【次へ】をクリックします。
    データベースクエリ:並べ替え順序
  7. 「クエリウィザード-完了」で「Microsoft Excelにデータを返す」にチェックを入れて【完了】をクリックします。
    データベースクエリ:ウィザードの完了
  8. 「データのインポート」で抽出先を指定し、【OK】をクリックします。
    データベースクエリ:データのインポート
  9. データが抽出されました。
    データベースクエリ:データ抽出例

データの更新     Topへ

列の入れ替え

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|データベース クエリ(データ抽出)

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27