よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)実用編:目次|家計簿の作成(集計機能を使う)
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)実用編:家計簿の作成(集計機能を使う)

スポンサードリンク


データ表を作成する データの並べ替え データの集計
集計結果のみを表示する 集計結果をグラフにする 集計を解除する

データ表を作成する   Topへ


データの並べ替え    Topへ

  1. 表内をクリックします。(アクティブセルを表内に置きます。)
  2. メニューの[データ]→[並べ替え]を選択します。
  3. データが[項目名]、[年月日]順に並び変わりました。

データの集計      Topへ

各項目名ごとに集計をします。

  1. メニューバーの[データ]→[集計]を選択します。
  2. [グループの基準]を選択します。(集計の基準となる項目名を選択します)
    今回は[項目名]を選択しました。
  3. [集計の方法]を選択します。
    収入と支出の合計を出したいので、[合計]を選択しました。
  4. [集計するフィールド]を選択します。
    [収入]と[支出]にチェックを入れました。
    [集計行をデータの下に挿入する]にチェックがあるのを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
  5. 集計されました。

集計結果のみを表示する      Topへ


集計を解除する          Topへ

  1. メニューバーの【データ】→【集計】を選択します。
  2. 【集計の設定】ダイアログで【すべて削除】をクリックします。
  3. 集計が解除されます。

集計結果をグラフにする      Topへ

  1. グラフにしたいデータを選択します。
    1. C2の項目名からC29の税金の合計のセルまでをドラッグして選択。
    2. E2の支出からE29の34800のセルを[Ctrl]キーを押しながらドラッグします。
      (メモ)離れた複数の範囲を選択するには、2箇所め以降は【Ctrl】キーを押しながら選択します。
  2. [グラフウィザード]ボタンをクリックします。
  3. [グラフウィザード]の各項目を選択します。(省略)  →詳細はグラフ作成を参照ください。
  4. グラフが作成されました。

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)実用編:目次|家計簿の作成(集計機能を使う)

PageViewCounter
 Counter
 Since2006/2/27