よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)基本講座の総目次Excel(エクセル)関数一覧表|四捨五入、切り上げ、切り捨ての関数
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)基本講座:四捨五入、切り上げ、切り捨ての関数

スポンサードリンク


四捨五入(ROUND) 切り上げ(ROUNDUP) 切捨て(ROUNDDOWN)
倍数に四捨五入(MROUND) 倍数に切り上げ(CEILING) 倍数に切り下げ(FLOOR)
剰余を求める(MOD) 偶数に切り上げ(EVEN) その数値を超えない最大の整数(INT)
奇数に切り上げ(ODD) 小数部を切り捨てる(TRUNC)
Excel2010で追加 → 倍数に切り下げ(FLOOR.PRECISE) 倍数に切り上げ(CEILING.PRECISE)
Excel2013で追加 → 倍数に切り下げ(FLOOR.MATH) 倍数に切り上げ(CEILING.MATH)

指定した桁数で四捨五入する  topへ
 ラウンド
=ROUND(数値,桁数)
   桁数:四捨五入後の桁数を指定します。
      小数点の位置が0となり、左側へ−1(1の桁),−2(10の桁),−3(100の桁)・・・
                  右側へ  1(小数第1位),2(小数第2位)・・・

数式の修正方法     topへ

5捨6入の計算     topへ

ROUND関数の桁数(引数)について

ROUND関数の丸め処理について

ある値を基準に四捨五入したい  topへ

数値を四捨五入し、ピリオド(.小数点) とカンマ(,桁区切り) を使った文字列に変換します  topへ
 フィックスド
=FIXED(数値,桁数,桁区切り)
  桁数:四捨五入する桁数を指定します。省略すると2(小数第2位)を指定したと見なされます。
  桁区切り:TRUE/FALSEを指定します。省略するとFALSEと同じになります。

指定した桁数で切り上げ    topへ
 ラウンドアップ
=ROUNDUP(数値,桁数)
   桁数:切り上げ後の桁数を指定します。
      小数点の位置が0となり、左側へ-1(1の桁),-2(10の桁),-3(100の桁)・・・
                  右側へ1(小数第1位),2(小数第2位)・・・

ROUNDUP関数の桁数(引数)について     topへ

指定した桁数で切り捨て  topへ
 ラウンドダウン
=ROUNDDOWN(数値,桁数)
   桁数:切り捨て後の桁数を指定します。
      小数点の位置が0となり、左側へ-1(1の桁),-2(10の桁),-3(100の桁)・・・
                  右側へ1(小数第1位),2(小数第2位)・・・

ROUNDDOWN関数の桁数(引数)について     topへ

基準値の倍数の近い値に切り上げる   topへ
 シーリング
=CEILING(数値,基準値)
   ケース単位で発注する場合に、必要なケース数を求めるときなどに使います。
   (数値と基準値の符号が一致する必要があります)

【問題】 

【解答1例】


【問題2】

【解答2例】

  1. 勤務時間=退社時間-出社時間
  2. 支払単位時間は切り上げて計算しますので、CEILING関数を使います。
    =CEILING(D3,E3) または、=CEILING(D3,"0:30") でもOKです。
  1. F3:F4セルを範囲選択します。
  2. 【書式】→【セル】を選択します。
  3. 下記の設定にします。

基準値の倍数の近い値に切り上げる   topへ
 シーリング プレシス
=CEILING.PRECISE(数値,基準値)
   (Excel2010で追加された関数です。Excel2013でも使用はできますが、関数一覧には表示されません)

基準値の近い倍数に切り上げる   topへ
 シーリング マス
=CEILING.MATH(数値,基準値,モード
 モード(省略可)で-1を指定すると負の数値を、0に向かう方向または 0とは逆の方向に丸めます。
 (Excel2013で追加された関数です。)

基準値の近い倍数に切り下げる   topへ
 フロアー
=FLOOR(数値,基準値)
 (数値と基準値の符号が一致する必要があります)

除数で割ったときの余りを求める
 モッド
=MOD(数値,除数)

【問題】

【解答例】


【問題2】

【解答2例】

  1. 勤務時間=退社時間−出社時間
  2. 支払単位時間は切り捨てて計算しますので、FLOOR関数を使います。
    =FLOOR(D3,E3) または =FLOOR(D3,"0:30") となります。

【操作手順】

  1. F3:F4セルを範囲選択します。
  2. 【書式】→【セル】を選択します。
  3. 下記の設定にします。

基準値の近い倍数に切り下げる   topへ
 フロアー プレシス
=FLOOR.PRECISE(数値,基準値)
 (Excel2010で追加された関数です。Excel2013でも使用はできますが、関数一覧には表示されません)

基準値の近い倍数に切り下げる   topへ
 フロアー マス
=FLOOR.MATH(数値,基準値,モード
 モード(省略可)で-1を指定すると負の数値を、0に向かう方向または 0とは逆の方向に丸めます。
 (Excel2013で追加された関数です。)

除算の商の整数部を返します     topへ
 クオウシェント
=QUOTIENT(分子,分母)
  分子:被除数 (割られる数) を指定します。
  分母:除数 (割る数) を指定します。
(注) この関数はメニューバーの【ツール】→【アドイン】で【分析ツール】を有効にする必要があります。

基準値の近い倍数に丸める(四捨五入)   topへ
 エムラウンド
=MROUND(数値,基準値)
      CEILING関数とFLOOR関数の間みたいな関数です。
 (注) Excel2003以前のバージョンでは、この関数はメニューバーの【ツール】→【アドイン】で【分析ツール】を有効にする必要があります。

その数値を超えない最大の整数を返す    topへ
 イント
=INT(数値)
  数値を整数にします。小数点以下を切り捨てます。
  
数値が負の値の時は、数値を超えない整数になリます。

数値の小数部を切り捨てて、整数または指定した桁数に変換する
 トランク
=TRUNC(数値,桁数)
  桁数は省略できます。省略時は0を指定したのと同じになります。
  小数部を切り捨てる点は、INT関数と似ていますが、桁数を指定できるのと、
数値が負の値の時も、単に小数点以下を切り捨てます。

INT関数とTRUNC関数の違い     topへ

最も近い偶数に切り上げた値を返す    topへ
 イーブン
=EVEN(数値)

数値を最も近い奇数に切り上げた値を返す
 オッド
=ODD(数値)

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)基本講座の総目次Excel(エクセル)関数一覧表|四捨五入、切り上げ、切り捨ての関数

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27