よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)入門編:(成績処理)目次|第5回 RANK関数を使って順位をつける
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)入門編:第5回 RANK関数を使って順位を付ける


スポンサードリンク

第5回 RANK関数を使って順位を付ける

(練習1) RANK関数の入力

【操作手順】

  1. シート見出し『Sheet1』をクリックして、【Sheet1】を表示します。
  2. I4セルに『順位』と入力します。
  3. I5セルがアクティブになっています。なっていなかったらI5セルをアクティブにします。
    1. 【fx】(関数の挿入)ボタンをクリックします。
    2. 『関数の分類』で『すべて表示』を選択し、『関数名』で『RANK』を選択します。
      (RANK関数は『統計』に分類されています。)
    3. 【OK】ボタンをクリックします。
  4. 【関数の引数】ダイアログが表示されます。 青いタイトルバーをドラッグして邪魔にならない位置に移動します。
    1. 『数値』のところにカーソルが表示されていますので、シートのH5セルをクリックすると、『H5』と入力されます。
    2. I5セルと数式バーには『=RANK(H5)』と表示されます。
    3. 【関数の引数】ダイアログの『範囲』の欄をクリックして、カーソルを表示します。
    4. シートのH5:H14をドラッグして選択します。 『範囲』には『H5:H14』と表示されます。
      【F4】キーを押して、『$H$5:$H$14』の絶対参照にします。
    5. 【OK】ボタンをクリックします。
  5. I5セルのフィルハンドルをドラッグして、I14セルまで数式をコピーします。
  6. 【上書き保存】ボタンをクリックして、ファイルを保存します。
  7. Excelのタイトルバーの【閉じる】ボタンをクリックしてExcelを終了します。


 (メモ) RANK関数

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)入門編:(成績処理)目次|第5回 RANK関数を使って順位をつける

PageViewCounter
 Counter
 Since2006/2/27