よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|並べ替えの使い方
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)基本講座:並べ替えの使い方

スポンサードリンク

並べ替え 表の一部分を並べ替える 文字列の並べ替え
数字(文字列)の並べ替え 文字列にふりがなを付ける方法
行方向の並べ替え

昇順/降順に並べ替える           Topへ

ツールボタンから実行する

  1. 並べ替えのキー(基準)となる合計の列(H列)のセルを選択します。
    • データがひとまとまりである場合は、データ範囲をExcelが自動で判別します。
      空白行や空白列を挟まないデータ範囲なら、データ範囲を選択しなくてもOKです。
  2. [降順で並べ替え]ボタンをクリックすると、得点の高い順に並べ変わります。
    降順で並べ替え

メニューバーから実行する

  1. データ内(リスト内)のセルを選択します。
    • データがひとまとまりである場合は、データ範囲をExcelが自動で判別します。
      空白行や空白列を挟まないデータ範囲なら、データ範囲を選択しなくてもOKです。
  2. メニューバーの[データ]→[並べ替え]を選択します。
    最優先されるキーで「合計」を選択し、「降順」にチェックを入れます。
    [OK]ボタンをクリックすると並べ替えられます。
    並べ替えダイアログ
    • 範囲の先頭行:先頭行を並べ替えるか否かを設定します。
      • タイトル行:データ範囲の先頭行がタイトル(項目名・見出し)などの場合、チェックを入れる。
      • データ:データ範囲が全て並べ替えの対象データである場合、チェックを入れる。

表の一部分を並べ替える       Topへ

ツールバーの【降順で並べ替え】を利用する方法

  1. 並べ替えるデータのセル範囲を選択します。
    例では B2:H11 を選択しました。
  2. 基準となる列へアクティブセルを移動します。
    • B2から選択した場合、[Tab]キーを6回押してH2セルをアクティブにします。
  3. [降順で並べ替え]ボタンをクリックすると、得点の高い順に並べ変わります。
    降順で並べ替えの結果

メニューから実行する方法

タイトル行を含めて選択する場合

  1. B2:H11を選択します。
  2. メニューバーの[データ]→[並べ替え]を選択します。
    • 最優先されるキー:「合計」を選択する。
    • 降順」にチェックを入れる。
    • 範囲の先頭行:「タイトル行」にチェックを入れる。
      ※ シートの選択範囲がデータ範囲(B3:H11)に自動で変わります
    • 【OK】ボタンをクリックすると並べ替えられます。
    タイトル行を含めた並べ替え

データ範囲のみを選択する場合

  1. B3:H11のデータ範囲のみを選択します。
  2. ニューバーの[データ]→[並べ替え]を選択します。
    • 最優先されるキー:「列H」を選択する。
      ※タイトル行が選択範囲に含まれていないので、項目名は表示されず、列番号が表示される。
    • 降順」にチェックを入れる。
    • 範囲の先頭行:「データ」にチェックを入れる。
    • [OK]ボタンをクリックすると並べ替えられます。
    データ範囲のみの並べ替え

文字列の並べ替え      Topへ

  1. 標準の状態では「ふりがな」を使って並べ替えられます。
    1. [データ]→[並べ替え]の[オプション]ボタンをクリックします。
      並べ替え(振り仮名の例)
    2. 「並べ替えオプション」ダイアログの「方法」で「ふりがなを使う」にチェックが入っているのを確認します。
      並べ替えオプション
  2. ふりがなの昇順に並べ替わりました。
    振り仮名での並べ替え結果
  3. 『ふりがなを使わない』で並べ替えると、下表のように、文字コード順になります。
    ※ A3=CODE(C3)として、A列に1文字目のコードを参考までに並べておきます。
    文字コード順での並べ替え結果

文字列にふりがなを付ける方法    Topへ

Wordのルビ機能を利用する方法

  1. B3:B11セルを選択し、コピーボタンをクリックします。
  2. Wordを起動し、[編集]→[形式を選択して貼り付け]を選択します。
    「貼り付ける形式」で『テキスト』を選択し、OKボタンをクリックします。
    形式を選択して貼り付け(Word)
  3. 貼り付けた文字列を選択し、書式→拡張書式→ルビ を選択します。
    • ルビが自動で生成されます、変更がある部分はこの画面で修正できます。
    • [OK]ボタンをクリックします。
    ルビの設定(Word)
  4. ルビの付いた文字列をコピーし、Excelのセルへ貼り付けます。
    下図のようにふりがな情報が加わりました。
    Excelへ貼り付けした例

VBAでふりがなを付ける

ショートカットキー

数字(文字列)の並べ替え   Topへ

【例】下表のような数字+文字列のCodeを並べ替えると数字の順番に並べ替えることができません。
並べ替え前 並べ替え後
  B C
2 No Code
3 1 1aa
4 2 12aa
5 3 2aa
6 4 11aa
7 5 3aa
  B C
2 No Code
3 4 11aa
4 2 12aa
5 1 1aa
6 3 2aa
7 5 3aa

【対処法1】文字列から数字を抜き出し、その数値で並べ替える。 【対処法2】文字数を同じにして、並べ替える。 【結果】
並べ替え後
  B C D E
2 No Code 対処法1 対処法2
3 1 1aa 1 001aa
4 3 2aa 2 002aa
5 5 3aa 3 003aa
6 4 11aa 11 011aa
7 2 12aa 12 012aa

【説明】

行方向の並べ替え   Topへ

【操作手順】
  1. データ表内のセルを選択してアクティブにします。
    行方向のデータを選択
  2. [データ]→[並べ替え]を選択します。
  3. 並べ替えのダイアログで[オプション]ボタンをクリックします。
    並べ替えダイアログ
  4. 方向で[列単位]にチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックします。
    列単位を選択
  5. 最優先されるキーで「行2」を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
    最優先されるキー
  6. 並べ替え前後の例です。
    2行目の1月から4月までを並べ替えています。
    並べ替え前 並べ替え後
    並べ替え前 並べ替え後

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|並べ替えの使い方

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27