よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|集計の使い方
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)基本講座:集計の使い方

スポンサードリンク


データの集計 集計データのコピー

集計   Topへ

【問題】下のリスト(データ表)から『項目名』毎の収入、支出金額の合計を表示しなさい。 【解答例】 【操作手順】
  1. データを集計する列見出しを基準に並べ替えます
    1. 「昇順で並べ替え」ボタンを使う方法
      1. データ表(リスト)のセルD2を選択します。
      2. 「昇順で並べ替え」ボタンをクリックします。
    2. メニューからの並べ替え方法
      1. データ表(リスト)のセル範囲 B2:H13 を選択します。
      2. メニューバーの[データ]→[並べ替え]を選択します。
        • 『最優先されるキー』に集計の基準となる『項目名』を設定します。
        • 『昇順/降順』は今回どちらでもかまいません。
        • 『範囲の先頭行』で『タイトル行』にチェックが入っているのを確認します。
          ((1)で選択したセル範囲 B2:H13 の2行目はタイトル行になっている為)
      3. D列の項目名が並び替えられました。
  2. 集計します
    1. データ表(リスト)のセル範囲 B2:H13 を選択します。
    2. メニューバーの[データ]→[集計]を選択します。
    3. 「集計の設定」ダイアログで設定を行います。
      • 『グループの基準』は『項目名』
      • 『集計の方法』は『合計』
      • 『集計するフィールド』には合計を出す項目『収入』と『支出』にチェックを入れます。
    4. 集計ができました。
  3. アウトライン
    • 行番号の左側に「アウトライン」が表示されます。
    • データの折り畳みができます。例えば、『2』をクリックすると下図になります。
    • 元に戻すには『3』をクリックします。
  4. 集計の解除
    1. データ表(リスト)内のセルを選択します。
    2. メニューバーの[データ]→[集計]を選択し、[すべて削除]ボタンをクリックします。

集計データのコピー         Topへ

【操作手順】
  1. 集計後、「アウトライン」を使って合計金額だけを表示しています。
  2. 表示されているD2:F18セルを選択します。
  3. メニューバーの[編集]→[ジャンプ]を選択し、[セル選択]ボタンをクリックします。
  4. 「選択オプション」ダイアログの『可視セル』にチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックします。
  5. D2:F18セルが選択された状態になります。
  6. ツールバーの[コピー]ボタンをクリックします。
  7. 貼り付けるセル(D24セル)をクリックしてアクティブにし、ツールバーの[貼り付け]ボタンをクリックします。
  8. コピー後の状態です。行番号が24〜29と連続しているので、可視部分だけコピーされたのが判ります。
     

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|集計の使い方

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27