よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)基本講座 目次|日本語の入力(MS-IME2002)
よねさんのWordとExcelの小部屋

Word(ワード)基本講座:日本語の入力(MS-IME2002)

スポンサードリンク


文字の種類 MS-IMEはどこにある? 言語バーの見方
日本語入力のオンとオフ 辞書の切り替え 読み方のわからない文字の入力
単語や用例の登録 郵便番号で住所を入力

文字の種類         topへ

半角文字

全角文字

全角文字と半角文字の違い

フォントによる文字幅の違い


MS-IME はどこにある?       topへ

上記の2つとも見当たらない、どこにもないのですが?
   という場合は、以下の操作をします。
  1. [スタート]→[コントロールパネル]をクリックします。
  2. [日付、時刻、地域と言語のオプション]→[地域と言語のオプション]を開きます。
  3. [言語]タブをクリックし、[詳細]ボタンをクリックします。

  4. [テキストとサービスと入力言語]ダイアログが開きますので、
    [言語バー]ボタンをクリックします。
  5. 言語バーの設定]ダイアログで、[言語バーをデスクトップ上に表示する]にチェックを入れます。
  6. [OK]ボタンをクリックするとデスクトップ上に表示されます。

言語バーの見方         topへ

言語バーの各部の名称

日本語入力がオンの時(ローマ字入力)


    「AIUEO 」とキーを押すと

    と表示されます。  

日本語入力がオンの時(かな入力)

日本語入力がオフの時 (直接入力 または 半角英数)


日本語入力のオンとオフ        topへ

切り替え方(その1:キーボードを使う)

切り替え方(その2:言語バーを使う)

最初から「かな入力」にしたい場合
(使うたびに[KANA]ボタンをクリックするのは面倒だ!という場合)

  1. 言語バーの[ツール]ボタンをクリックして、[プロパティ]を選択します。
  2. IMEのプロパティ」ダイアログの[全般]タブで、入力設定を「かな入力」にします。
    [適用]をクリックすれば、以降かな入力が標準になります。

辞書の切り替え          topへ


読み方のわからない文字の入力      topへ

手書き

文字一覧

部首

  1. 部首の画数を選択します。
  2. 部首を選択します。
    候補が一覧表に表示されますので、探してクリックすると入力されます。

総画

ソフトキーボード

  1. 表示を使いやすいものに変えます。
  2. 文字をクリックすると、入力されます。
  3. 漢字などへの変換は[変換]ボタン/[Space]ボタンをクリックします。
  4. 確定は[Enter]ボタン
  5. 修正は[BS](BackSpace)ボタンや[Del](Delete)ボタンを使います。
  6. カーソルキーもちゃんと右下に見えます。

単語や用例の登録          topへ


郵便番号から住所を入力する    topへ


記号の入力    topへ

スポンサーリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Word(ワード)基本講座 目次|日本語の入力(MS-IME2002)

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27