DNAからみた家づくり
序論

現代人の生活環境、ライフスタイルは数千年前からは極めて大
きく激しく変わっているというのに、人間の肉体的、生理的仕
組み、つまりDNAのプログラムは何十万年も前から変わって
いない。
本来ヒトの進化の過程になかった、夜間労働や高速移動による
体内時計の調整、生物学的年齢では成人で巣立たなければなら
ないのに、それができない社会的、経済的状況や住環境、ある
いは高層住宅の高速エレベーターによる急激かつ頻繁に繰り返
される気圧や磁気の変化・・・。
それらはDNAのプログラムにはなく、地質学的時間からみれ
ば私たちの当分先の代でも、ヒトは適応しきれないのであろう。
このDNAのプログラムと現代人のギャップが、心身ともに現
代人のストレス、現代生活のジレンマの一つとなっているもの
とおもわれる。
私はこのギャップを少しでも埋められるような、キャパシテイ
のある現代ホモサピエンスのための住まいづくりをこころがけ
たい。
それには生物学的アプローチによるDNAのプログラムを読み
とり、それに沿って現代人住居は如何なるものにしたらよいか
を探り、現代人住居づくりを実践していきたいとおもっている。
それにしても中世の時代に比べて、現代はあまりにも視覚優先で
はないだろうか。



テレビの食い物番組を見ただけで、うまいものを食べたつもり、
アクション映画のカーチェイスを見ただけで、激しいドライビ
ングをしたつもり。そこには食欲をそそる香りも、加速度が肉
体に与える躍動体感もない。
暗い教会で聴くオルガン曲による精神の高まり、湯上がりの身
体のほてりが冷めていく皮膚感覚の心地よさ・・・。
私たちはあまりにも視覚に支配され、視覚に自由を奪われ、も
っと五感で感じる精神の高まり、身体本来に具わっている感覚
からくる歓びを失ってはいないだかろうか。
特に聴覚がもたらす、つまり音楽がもたらす高度な精神世界を
私は重要に考えている。
確かに建築の仕事は視覚の世界ではある。しかしよく言われる
ではないか、「建築は凍れる音楽である。」と。
そこで私はそれを解凍するような気持ちで、音楽的アプローチ
により、視覚の聴覚化、あるいは聴覚の視覚化といったものを
試み、聴覚的建築をつくりたいと願っている。
それにはヒトは如何にして聴覚から感応するのか、バロック音
楽、フラクタル幾何学、非線型複雑系思考、生物学的アプロー
チによるDNAのプログラム、から探っていきたい。
したがって題して、“DNAからみた家づくり”となる。
        2000年 6月19日  篠崎好明




トップに戻る 持論へ デイテールへ 家具作品へ 作品:1← 作品:2          次のページへ
無断転載、転用禁止。著作権は篠崎好明に属します。