芦田治療室で鍼灸を保険で受けてみる

岡山の自律神経失調症・うつ症状・手のふるえ・パニック障害の治療室 鍼灸 整体 オステオパシーの芦田治療室です。芦田治療室top画像A2.png

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



鍼に保険は効かない…

巷でよく聞くことです。(保険証持っていくとやってくれるとこもなぜかあるようですが…)
でも、実は使えるんです。保険は!!

ただし条件がありまして、それを分かりやすく説明したいと思います。

条件その1 使える疾患が決まっている!

下に挙げたものに使えます
1 神経痛…例えば坐骨神経痛など。
2 リウマチ…急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。
3 腰痛症 …慢性の腰痛、ギックリ腰など。
4 五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。
5 頚腕症候群…頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。
6 頚椎捻挫後遺症…頚の外傷、むちうち症など。
7 その他

7のその他があいまいですが、通常1~6のものしか認められませんので、実質6つの疾患に対して使えるということになります。

条件その2 医師の同意書が必要である!

鍼灸施術を保険受けるには医師に同意書をもらう必要があります。
かかりつけの医師にもらうのが一番です。
医師は内科、産婦人科、外科など何科でもOKですが、歯医者さんの同意書は不可です。
同意書は芦田治療室においてあります。こちらをご利用ください。

以上を踏まえて、鍼灸の保険施術を受けるための流れをお知らせします。

1. 鍼灸施術を保険で受けようと決心する
じつはこれが大事。自分の体に対しての認識を高めてください。

2. 同意書を手に入れる
同意書は芦田治療室においてあります。この時保険を使った施術の説明をします。

3. 同意書に記入してもらう
かかりつけの医師の診察を受けて同意書に記入・捺印してもらいます。

4. 芦田治療室で施術を受ける
同意書・保険証のコピー(裏表)・預けられる印鑑(三文判で可)の3つを持ってお越しください。
保険を使った鍼灸施術の始まりです。

注目!!鍼灸施術を保険で受けるときの注意
保険を使って鍼灸を受けている期間は同じ病名で他の医院、病院にかかることができません。ただし、他の病気の治療は受けられます。

例) 保険で五十肩を芦田治療室で施術している期間は、整形外科で保険を使った五十肩の治療はできない。

要は同じ病名で同時に2か所で保険を使えないということです。これは、診療の日にちをずらしても同じことですのでご注意を!

☆診療日のご案内☆

ご予約電話は今すぐこちらへ!!
086-239-3115

メールでのお問い合わせはこちらへ
LinkIconasd.clinic03@gmail.com

平日
10:00~20:00(受付~19:00)
土曜日
10:00~18:00(受付~17:00)

定休日
日曜・祝祭日


芦田治療室
700-0975
岡山県岡山市北区今3丁目3-17