キロ(877EKM型)級潜水艦

Kilo(Type877EKM) Class SSK

 
プロジェクト番号 877EKM
建造隻数 14隻

1986年〜1997年

全長 72.6m
全幅 9.9m
喫水 6.2m
水上排水量 2300トン
水中排水量 3050トン
予備浮力 32.6%
主機関 ディーゼル・エレクトリック

発電機(1000kW)×2基

主電動機(5500馬力)×1基

低速推進用電動機(190馬力)×1基

予備電動機(102馬力)×2基

7翼1軸推進

速力 水上 10ノット

水中 17ノット

航続距離 7ノットで6000マイル(水上)

3ノットで400マイル(水中)

17ノットで12.7マイル(水中)

安全潜入深度 240m
最大潜入深度 300m
武装 533mm魚雷発射管×6門

搭載魚雷数18発

一部の艦はセイルにSAMを装備

電子兵装 <ソナー>

・MGK−400(SharkGill E)

<戦闘システム>

・MVU−110M

<レーダー>

・Snoop Tray MRP−25(水上)

・Squid Head(警戒)

乗員 57名
使用国 インド(877EM 9隻)

イラン(877EKM 3隻)

中国(877EKM 2隻)

 

877EKM型は877型キロ級の対潜/対水上艦能力をさらに高めた発達型

の輸出型である。原型の877型キロ級は1982年から旧ソ連海軍で実戦配備

に入り、現在までにロシア海軍向けに24隻が整備され、今も整備が継続されて

いる。ちなみに、戦闘システムが改良された輸出型の877EKM型は現在まで

に中国に2隻、イランに3隻、インドに9隻の輸出実績を持つ。

船体は複殻式、単軸推進でソナーの性能を向上させるため水平舵は船体中央

部後部に移設され、潜水艦の音響シグネチャーを減少させるため前部船体の

排水口は廃止されている。船体は無反響タイルで覆われており、敵ソナーから

の探知を逃れることが出来る。877EKM型のスペックは水上排水量2300トン、

水中排水量3950トン、最大潜航深度300m、最大水上速力10ノット、最大水中

速力17ノット、航続距離は7ノットで最大6000マイル(水上)、3ノットで400マイル

(水中)となっており、主機はディーゼル・エレクトリック、1000kWのディーゼル

発電機2基と5500馬力の電動機を装備し輸出仕様のため原型の異なり若干パワー

ダウンされているという。1軸推進でプロペラは7ブレード固定ピッチプロペラである。

また、低速/無音潜航用に190馬力の電動機1基、予備推進用に102馬力の電動機

2基を装備している。戦闘システムはMVU−110M新型多目的射撃指揮システム

が装備されており、最大で5つの目標を同時に追跡(自動2目標、手動3目標)する

ことが出来、コースや位置、スピ−ドなどのアナログ航法コンピュータからのデータは

自動的に戦闘システムに入力されるようになっている。ソナーはMGK−400(NATO

名 Shark Gill E)と呼ばれる統合型ソナーで、2重のチャンネルシステムを持ち、

誤差を縮小するとともに目標の探知能力を向上させている。さらに、周波計を備える

ことにより目標の識別能力も高められているとされる。

武装は533mm魚雷発射管6門、魚雷は発射管に装填済みの6発の他に予備の12

発の計18発を装備しており、再装填作業は自動装填装置により行われる。これらの

魚雷を用いて同時に2つの目標を攻撃することが可能である。また、877EKM型では

6門の魚雷発射管のうち2門にはアクティブソナーホーミングシステムを備えたTEST−

71M有線誘導魚雷を装備することができる。TEST−71Mは877M型以降の潜水

艦に装備されている誘導魚雷で、重量1820kg、弾頭重量は205kgである。さらに

、UGSTと呼ばれる航跡追跡魚雷の運用能力も有している。こちらは重量2200kg、

弾頭重量200kg、最大射程は40kmにも達する。その他、発射管は機雷を搭載

することもでき、その場合最大24個の機雷を搭載可能。一部の艦はセイルには

ストレラ−3(NATO名 SA−N−8グレムリン)またはイグラ(NATO名 SA−N−

10ギムレット)携帯用小型対空ミサイルの発射機を8つ装備している。前者は冷却

された赤外線シーカーと重量2kgの弾頭を持ち、最大射程6km、後者も同じく赤外

線誘導で最大射程5km、最大速度はマッハ1.65である。877EKM型は合計14

隻が建造され、インドへ9隻、イランへ3隻、中国へ2隻が輸出された。しかし、ロシア

製電池は温水域での性能低下が著しかったため、インドでは冷却性能が高いドイツ

製電池に交換しており、イランでもインドにならってドイツ製電池への交換が検討され

ている。

 

877E-1.jpg (24188 バイト)

 

877E-2.jpg (18664 バイト)

 

                戻る