トップページに戻る

AA−8エイフィド空対空ミサイル

AA-8 Aphid

 
形式 短距離空対空ミサイル
名称 AA−8エイフィド(NATO名)

R−60(ロシア名)

配備開始年 1975年
設計局 Vympel設計局
全長 2.08m
直径 13cm
全幅 43cm
発射重量 65kg
弾頭 6kg高性能爆薬
効力半径 1.3m
射程 5km
最大速度 マッハ2.5
目標最大G 12G
目標追従旋回率 8度/秒
ジンバル・リミット 20度
主な搭載機(ヘリコプターを含む) Su−15、Su−17、Su−25、

Su−24、Su−27、Yak−38、

MiG−21、MiG−23、MiG−25、

MiG−29、MiG−31、Mi−24、

Ka−50など

 

<解説>

AA−8エイフィドはロシアが初めてドッグファイト専用に開発した空対空ミサイルであ

る。ペルティエ効果による冷却方法を採用した赤外線シーカーを装備しているため、全

周方向ホーミングが可能であり、また、高い追尾率により、最高12Gまでの機動目標

を追尾できる。また、シーカーのジンバル・リミットは20度となっており、従来のミサイル

よりもアングルオフ(自機の針路と敵機の針路の角度差)が大きい状態での発射が可

能である。AA−8エイフィドは最大8Gまでの機動を行っている戦闘機から発射でき

る。しかし、この機動性を実現するためAA−8エイフィドは射程とサイズが犠牲になっ

ている。したがって、AA−8エイフィドで有効な打撃を間違いなく与えるには、限りなく

目標に接近して発射する必要がある。

 

<実戦運用>

AA−8エイフィドは優秀な戦闘成績を今まで残していない。1982年のレバノン侵攻の

際、シリア軍のMiG戦闘機がイスラエル空軍機に対して数発のAA−8エイフィドを発射

したが、命中していない。

 

<バリエーション>

○R−60M: 改良型

○R−60MK: 輸出型

○UZR−60: 訓練弾

 

AA-8-AXX-1.jpg (13335 バイト)

2002/04/10 Update

 b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)