カサール級ミサイル駆逐艦

Cassard Class

 
建造隻数 1988年〜1991年

2隻

全長 139m
全幅 14m
喫水 5.7m
基準排水量 4230トン
満載排水量 4688トン
主機 ディーゼル4基、2軸
出力 42400馬力
速力 29.5ノット
航続距離 17ノットで8200NM

24ノットで4800NM

武装 <砲>

・100mm単装砲×1基

・エリコン20mm単装機関砲×2基

<対空ミサイル>

・スタンダード1MR単装発射機×1基

・サドラル短SAM6連装発射機×2基

<対艦ミサイル>

・エグゾゼMM40SSM4連装発射機×2基

<魚雷>

・533mm対潜魚雷発射管(固定式)×2門

搭載機 リンクスMk2/4ヘリコプター2機
乗員 236名
 

カサール級はフランス海軍最新のミサイル駆逐艦で、基本的にはジョルジョ・レイグ級

の対空ミサイル搭載バージョンである。船体はジョルジョ・レイグ級の流用だが、主機

はミサイル関連装置の搭載スペース確保と上部重量軽減のため、ガスタービンから

ディーゼルに改められている。対空ミサイル発射機はアメリカのMk13単装発射機を

煙突の後方上部に装備し、スタンダードSM−1MR対空ミサイルを搭載している、な

お、本級に装備されたSAM発射機Mk13は、すでに除籍されたミサイル駆逐艦デュ

プティ・トアール級2隻から流用したものである。

カサール級は当初4隻の建造が計画されていたが、後に2隻はキャンセルとなり、現

在は2隻が就役している。

 

Cassard-1.jpg (17259 バイト)

2001/12/20 Update

 b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)