トップページに戻る

イリューシンIL−28ビ−グル

IL−28 Bergle

名称 Ilyushin(イリューシン) IL−28

NATO名 「ビーグル」

全長 21.1m(58ft)
全高 8m(22ft)
全幅 25.5m(70m)
翼面積 654平方フィート
自重 12.9トン(28416lbs)
総重量 21.2トン(46738lbs)
内部燃料重量 4.5トン(10000lbs)
内部兵装搭載量 3トン(6614lbs)
エンジン VK−1ターボジェットエンジン×2

2450kg(5400lbs)

航続距離 2093km(1130nm)
最高速度 1037km/h(560kts)
上昇限度 14711m(40355ft)
乗員 3名
初号機初飛行 1948年8月8日
部隊配備年 1950年
レーダー反射面積(RCS) 20平方メートル
主な配備国 北朝鮮

イラク

中国(コピー生産バージョンの轟作5型)

 

IL−28は、1947年12月にイリューシン設計局が独自開発を開始した中型のジェット

爆撃機である。原型機が初飛行したのが開発からわずか半年後の1948年7月8日

だったから、急テンポな作業であったことが伺える。当時ソ連ではこの種の爆撃機の

採用に対して、イリューシンとツポレフ設計局が機体を開発し、提案を行っていたが、

イリューシンのIL−28は、計画のスタートが早かったこと、同じようなエンジン配置に

あってより小型かつ高速で、しかも運動性に優れていたことなどから、制式に採用され

るに至った。ソ連空軍への引き渡しは1949年末に開始され、1950年のメイデーに

おける赤の広場上空の飛行では、25機が参加している。ソ連空軍で実働体制に入った

のは、その年の9月であった。IL−28は、直線の前縁と前進角のついた後縁をを持つ

テーパー翼の主翼で、その内側3分の1付近にエンジンをポッド装備している。尾翼は

水平尾翼、垂直尾翼ともに35度の後退角を有し、水平尾翼はエンジン排気を避ける

高さの位置に取り付けられている。エンジンは当初ロールスロイス・ニーンのソ連生産

型であったRD−45を装備し、初期の量産型にもこれが使われたが、実用化と時期を

同じくしてその発達型であるVK−1Aに変更されており、ほとんどの量産型がVK−1A

を装備した。爆撃兵装は胴体内の爆弾倉に搭載し標準爆弾搭載量は1000kgである。

ソ連では爆弾倉スペースが十分なことから過荷兵装搭載も行われており、最大で重量

3000kgのFAB3000 1発を搭載することもあったという。このため、同機の最大

兵装搭載量は3トンとするのが一般的になっている。また爆弾倉には、魚雷2発を収容

することも可能。爆弾倉扉直前の胴体下面には、航法および爆撃レーダー収容部の

張り出しが付いている。固定武装としては胴体尾端に銃座が設けられており、23mm

のNR−23機関砲2門を、IL−K6ターレットにマウントして取り付けられている。搭載

弾数は各225発。また一部の機体は、機首部に前方向けNR−23機関砲1門(弾数

100発)も装備した。コックピット部同様、尾部銃座も与圧されている。乗員は3名で、

パイロットが胴体上面に張り出したキャノピー部のコックピットに座り、航法/爆撃手が

機首部のガラス張りガラス張りステーションに搭乗する。もう1名は尾部銃首で、通信員

も兼務する。なお尾部銃座などは堅固に装甲されており、装甲材だけで450kg以上の

重量になっているという。IL−28には複座化した練習型IL−28U「マスカット」もある。

IL−28は、ソ連以外の21の国に輸出され、中国では轟作5型(H−5、B−5)として

ライセンス生産され、数百機が輸出された。

 

<各種タイプ>

○IL−28T: 海軍魚雷搭載バージョン

○IL−28U: キャノピーの全部の機首部分にコックピットを増設した練習型

○IL−28R: 戦術偵察機型

○IL−20: 民間型。1956年からアエロフロ−トにより運行された。

○IL−30: IL−28の後退翼バージョン。1951年に出現。

○IL−54: IL−30の改良型で、1954年に出現。

○IL−46: 1952年に開発されたモデルで、IL−28をかなり大型化し、最大離陸

         重量を4万2000kgに引き上げたタイプ。

 

IL−28−1.jpg (13754 バイト)