トップページに戻る

MiG−17フレスコ戦闘機

Mikoyan-Gurevich MiG-17 Fresco Fghter

 

生産開始年 1951年
全長 11.36m
全幅 9.63m
全高 3.80m
主翼面積 243.2平方メートル
空虚重量 3.93トン
総重量 6.286トン
エンジン クリモフVK−1Fターボジェットエンジン

ドライ推力29.50kN

アフターバーナー時推力33.14kN

燃料タンク容量 1415リットル(機内)+400リットル

増槽×2

最大速度 1145km/h
最大航続距離 1980km
最大上昇率 3900m/分
実用上昇限度 1万6700m
武装 N−37 37mm機関砲×1

NR−23 23mm機関砲×2

搭載弾数 37mm機関砲弾×40発

23mm機関砲弾×160発

使用国 ・アルバニア(11機)

・アンゴラ(8機)

・ブルキナファソ(1機)

・中国(J−5/F−5、400機)

・コンゴ(8機)

・キューバ(18機)

・エチオピア(15機)

・ギニア(4機)

・ギニアビサウ(3機)

・北朝鮮(中国製F−5、125機)

・マダガスカル(4機)

・マリ(5機)

・モザンビーク(20機)

・スーダン(10機)

・タンザニア(10機前後)

・ウガンダ(12機)

 

1,ソ連初のアフターバーナー搭載戦闘機

MiG−17F型からはアフターバーナーを装備したクリモフVK−1Fエンジンが

搭載された。このエンジンはMiG−15bisやMiG−17の初期型に搭載されて

いたVK−1Aにアフターバーナーを付けた物で、アフターバーナー使用時の最大

出力は33.14kNとなった。これにより、さらに上昇性能、加速力が向上し、非常

にすぐれた要撃戦闘機となり、後のベトナム戦争ではその軽快な運動性能で最

新のアメリカ軍の重戦闘機相手に互角以上の戦いを演じている。

 

2、超音速を達成

MiG−17は超音速性能を得ることを目標に開発されていた。機体は生産ライン

の共通化をはかり生産ペースを落とさぬようにするため、MiG−15と同じものが

使用されているが、主翼は内側半分が後退角45度、外側が42度のきつい2重

後退翼となり、それに伴い主翼上面の境界層フェンスも3枚に増やされた。また、

主翼の厚さがMiG−15よりも薄くなり、主翼面積も増大している。

 

<開発・設計>

MiG−17はMiG−15の主翼後退角を45度にしたI−330(SA)を元に開発さ

れた機体で、1951年6月20日に量産が承認され、MiG−17フレスコAとして

量産されることになった。初期のタイプのエンジンはMiG−15bisと同じエンジン

が用いられていて、アフターバーナーを装備していなかった。1951年にはこの

エンジンにアフターバーナーを付ける研究が始まり、1952年にVK−1Fとして

実用化に成功した。ちなみに、この新型エンジンを装備したタイプはMiG−17F

フレスコCと呼ばれ、1953年6月20日のツシノ航空ショーで大規模編隊飛行を

実施した。

また、ソ連ではレーダーを搭載した戦闘機を希望しており、RP−5イズムルド(エ

メラルド)・レーダーを装備したMiG−17Pと呼ばれる機体も作られた。イズムル

ド・レーダーはNATO名スキャン・ロッドと呼ばれ、E/Fバンドの固定走査測距

レーダーで、探査距離は10km程度と言われる。MiG−17Pでは空気取り入れ

口内に半球状の小型レドームを装備し搭載されていたが、反面重量増加による

性能低下が激しかった。しかし、新型のVK−1Fエンジンが実用化されたことで

この問題も解決し、MiG−17PFとして本格的な量産に移された。

MiG−17は中国(J−5/F−5)やポーランド(LIM−5/6)でライセンス生産

され、シリーズの生産合計は1万機にも達する。現在でもアジアやアフリカ諸国で

は第一線戦闘機として活躍している。

 

<各種タイプ>

○MiG−17フレスコA: 最初の量産型

○MiG−17FフレスコC: エンジンをクリモフVK−1Fにパワーアップした型

○MiG−17PフレスコE: イズムルド・レーダー装備型

○MiG−17PFフレスコD: イズムルド・レーダ−装備型で、エンジンをVK−1F

                  にパワーアップした型

○MiG−17PFUフレスコE: 機関砲を取り外して、AA−1アルカリ空対空ミサイ

                   ル4発を装備した全天候迎撃機型

○SP−2: コーシュン・レーダーを装備したテスト機

○SN: 空気取り入れ口を胴体側面に移し、機首部を流線型にし可動式23mm

      機関砲を機首に装備した試作機

○J−5/F−5: 中国のライセンス生産モデル

○JJ−5: 中国が独自に改造した複座型

○Lim−5/6: ポーランドのライセンス生産型

 

MiG-17-1.jpg (16262 バイト)

MiG-17-2.jpg (20586 バイト)

 

                   戻る