トップページに戻る

RBU−6000対潜ロケット

RBU-6000 ASW

 
形式 対潜ロケット弾
配備年 1962年
発射機長 1.6m
弾丸直径 25cm
炸薬重量 21kg
最大射程 6000m
主な装備艦艇 空母: キエフ級モスクワ級

巡洋艦: キーロフ級カーラ級

      キンダ級クレスタT・U級

駆逐艦: カニン級カシン級

      コトリン級SAMコトリン級

      ウダロイ級

フリゲート: クリヴァク級、グリシャ級

        ペチャ級、ミルカV級

コルベット: ポチ級

 

<解説>

RBU−6000(旧NATOコードネーム:MBU−2500A)はRBU−2500(旧NATOコ

ードネーム:MBU−2500)に続いて登場した対潜用ロケット弾で、カシン級駆逐艦、

キンダ級巡洋艦以降のほとんどの旧ソ連艦艇の主力対潜装備となった。直径は300

mmとRBU−2500より一回り大きく、数字の6000が表す通り最大射程は6000m

である。発射筒は円周上に6本ずつ並べられた12連装型で、特徴のある形をしている

ため、識別は容易にできる。攻撃時は2発連発で発射され、爆雷部分とロケット弾が一

体になったまま着水沈降し、水圧または近接信管で爆発する。発射機は旋回と俯仰が

可能で、再装填時は瞬時に垂直位置になり、自動装填機構によってマウント直下に置

かれたロケット弾が下から1発ずつ押し込まれる仕組みになっている。これにより水兵

は、揺れる艦上で200kgもあるロケット弾を人力で装填する苦労から解放される。

 

RBU-6000-IAM.jpg (22797 バイト)

↑艦橋前部に2基装備された円筒の束がRBU−6000発射機(写真はグリシャ級フリゲート艦)。

AD2002 05/02Update

 b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)