資料「SevenSeas」

 

新大東亜共栄圏2000ミレニアムはロシア兵器を中心とした軍事サイトですが、

2001年6月に旧ソ連製民間機及び輸送機の分野にも進出しました。しかし、

やはり軍事サイトの性格上、民間機と軍用機の共存は難しいため、新たに

独立した新サイトを開設し、そこに民間機のデータベースを構築することに

しました。

 

1、コンテンツについて

新大東亜共栄圏2000ミレニアムではロシア製旅客機のみでしたが、Seven

Seasでは米国や英国など世界各国の民間機を取り上げることにしました。

公開段階では既に公開されているツポレフTu−104、Tu−124、Tu−134、

Tu−144に加えて、英国のデハヴィランド・コメット、米国のコンベアCV−880

/990、ダグラスDC−7などのジェット機・レシプロ機の公開を予定しています。

 

2、新サイトの位置付け

基本的には新大東亜共栄圏2000ミレニアムの姉妹サイトの位置付けです。

コンテンツ・コンポーネントの約48%を共有します。

 

3、公開時期について

2002年2月22日

 

4、アドレス及びバナー

http://www.eurus.dti.ne.jp/~freedom3/sevenseas.htm

 

SEVENSEAS-banner-1.png (17125 バイト)

↑SevenSeasのバナー↑