トップページに戻る

スーパーマリン・シミター艦上戦闘機

Supermarine Scimitar

 
初飛行年 1956年
乗員 1名
全長 16.8m
全幅 11.3m
全高 5.3m
自重 10870kg
総重量 15500kg
エンジン ロールスロイス・エイヴォン202

ターボジェットエンジン(推力5100kg)

×2基

最大速度 1200km/h
実用上昇限度 14000m
航続距離 2290km
武装 アデン機関砲×4門

サイドワインダー空対空ミサイル

又はブルパップ対地ミサイル×4発

戦術核爆弾×1発又は爆弾×4発

総生産機数 76機
↑要目はF1型

 

<開発&設計>

スーパーマリン社がアタッカー以後、開発していた双発の大型艦上戦闘機タイプ525

を基に発展した低高度戦闘攻撃機である。シミターの試作機は1956年1月に初飛行

し、100機(後に24機がキャンセル)の量産発注を受けることに成功する。

シミターF1の運用評価部隊は、1957年8月に編成され、AIM−9サイドワインダー

空対空ミサイルやブルパップ対地ミサイル、戦術核爆弾などの搭載兵器の運用実験

が進められた。同年11月には試作機により空母アークロイヤルでの運用テストも行

われ、最初の実戦部隊は1958年6月に編成を終えて、9月から空母ヴィクトリアスに

搭載されて作戦航海を開始した。

シミターは本格的な低高度攻撃機バッカニアが登場するまでの暫定的な機種とみなさ

れ、生産数は76機と少数で、1966年には退役した。なお、シミターはスーパーマリン

の社名で製造された最後の戦闘機でもあった。

 

Scimitar-1.jpg (17902 バイト)

2001/12/13 Update

 b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)