トップページに戻る

T−64主力戦車(MBT)

T-64 Mein Battle Tank

 

乗員 3名
重量 36.7トン
全長 6.3m
全幅 3.19m
全高 2.154m
武装 D−68 115mm滑腔砲×1

7.62mm同軸機銃×1

搭載弾数 115mm戦車砲弾×30発
エンジン 5TDF 水平対向型ディーゼルエンジン

700馬力

最大速度 70km/h
最大路上航続距離 600km
馬力重量比 19.5hp
登板力 30度
渡河可能水深 5m(シュノーケル装備時)
最大装甲厚 410mm(均質鋼板換算)
使用国 ・ロシア(現在でも少数が現役である)

 

1、当時としては画期的な戦車

 ソ連が当時もてる技術を全て投入し開発された戦車で、複合装甲、自動装填装置など

 技術的には当時の西側戦車を大きく引き離すことに成功した。

 

2、世界で初めて複合装甲を装備

 ソ連技術陣が長い苦心の末ようやく実用化した耐弾複合装甲(プラチヴァスナリャード

 ナェ・コンビニラヴァンナェ・ブラニラヴァニェ)を装備する。これは、均質圧延鋼板と

 チタニウム、セラミックなどを組み合わせた物で、これまでの装甲に比べて飛躍的に

 防御力が向上している。ちなみに、西側が複合装甲を実用化したのは1970年代後半

 に実用化されたレオパルド2が最初で、T−64は西側の水準を大きく引き離していた。

 

3、自動装填装置を搭載

 T−64には、コルジナ(かご)と呼ばれる自動装填装置が搭載され、乗員も3名に抑え

 られている。しかし、このコルジナには問題が多く、装填不良により乗員を巻き込む

 事故が続出し、「ソ連の新型戦車の自動装填装置は、人間を食う」と西側に噂されて

 ほどであった。このため、T−64AからはT−72に搭載されている新型のカセトカ自動

 装填システムが搭載された。

 

T−64の原型であるOb−430(オブイェークト430)は、1958年よりハリコフ輸送車輌

工場設計局で企画され、A.A.モロゾフ技師に率いられ1960年に完成した。T−62

とは異なり全てが新設計の戦車で、足回りは従来の大直径転輪を用いたものに代わって

片側6コのサイレント・ブロック式スチール・リム小転輪と3コのリターンローラー、ダブル

ピン結合の履帯を組み合わせた新型の足回りを採用し、エンジンは水平対向ディーゼル

5TD(600馬力)を搭載、主砲には100mm滑腔砲D−54TSを装備しソ連戦車として

初めて光像合致式測遠機を搭載し、FCS(射撃管制装置)は一気に西側並に進歩した。

Ob−430に続き、Ob−432が試作された。Ob−432では主砲がより強力な115mm

滑腔砲D−68に転装され、自動装填装置(コルジナ)、ようやく完成した耐弾複合装甲が

車体及び砲塔の前面に装備された。エンジンもOb−430よりパワーアップした5TDF

(700馬力)となり、こうしてT−64として正式採用となった。1969年からは、西側の

105mm砲に対抗して、より強力な125mm滑腔砲D−81を搭載したT−64Aの生産

が開始された。次にAT−8(9K−112コーブラ)対戦車ミサイルを搭載したT−64Bが

開発された。AT−8は射程3000mで、低空を飛行するヘリコプターに対しても有効で

あるという。

このように様々な新機軸が取り入れられたT−64であったが、そのためトラブルも多く

整備・維持にも難があり、しかも虎の子戦車として輸出もされなかったため、ソ連戦車とし

ては決して多いとは言えない3600両の生産で終わった。

 

<各種タイプ>

○T−64(Ob−432): Ob−430試作戦車の発展型で正式採用となった基本型

○T−64T: T−64にガスタービンエンジンを搭載したタイプだが、実用性が思わしく

        無かったようで計画中止となった

○T−64A: イランから亡命してきたM60A3を研究して開発されたタイプで、M60A3

         の強力な105mm砲に対抗するため、さらに大口径の125mm滑腔砲

         D−81を搭載し、FCS(射撃管制装置)にも改良が加えられた。

         T−64Aは1976年までに1400両が生産された

○T−64AM: エンジンが強化型の6TDディーゼル1000馬力になり、発煙弾発射シス

          テム(トゥーチャ(黒雲))を装着したタイプ

○T−64AK: T−64Aの指揮戦車型

○T−64B: AT−8(9K112コーブラ)対戦車ミサイルを導入したタイプで、1987年

         までに1600両が生産された

○T−64B−1: 改良型コーブラ対戦車ミサイル(9K−112−1)を装備したタイプ

○T−64BK: T−64Bの指揮戦車型

○T−64BM: エンジンが強化型の6TDディーゼル1000馬力になり、発煙弾発射シス

          テム(トゥーチャ(黒雲))を装着したタイプ

○T−64BV: 爆発反応装甲を装着したタイプで、エンジンは再び700馬力の5TDF

          ディーゼルとなる

 

T-64-1.jpg (17044 バイト)

 

 

                   戻る