トップページに戻る

タイプ81トライバル級フリゲート艦

Type81 Tribal Class

 
建造隻数 1961年〜1964年

7隻

全長 109.7m
全幅 12.9m
喫水 5.3m
満載排水量 2700トン
基準排水量 2300トン
主機 COSAG

蒸気タービン1基

ガスタービン1基

1軸

出力 12500馬力(蒸気タービン)

7500馬力(ガスタービン)

速力 27ノット
航続距離 12ノットで5300NM
武装 <砲>

・114mm単装砲×2基

・40mm機銃×2基

・リンボー対潜迫撃砲×1基

ヘリコプター ウェストランド・ワスプ×1機
乗員 253名
使用国 ・インドネシア(3隻)
 

<開発&設計>

この種の艦へのヘリコプター搭載の先駆をなしたことで知られる汎用フリゲート艦で、

対潜、対空、航空機指揮のバランスの取れた能力を有している。ちなみに、トライバ

ルの名称は、艦名に部族名をつけたことに由来している。

船型は中央船楼を持つ平甲板型で、イギリス艦には珍しくシアーがきつい。また、

ペルシャ湾での行動を考慮して船内には空調設備が整えられている。

主機はガスタービンと蒸気タービンの複合機関(COSAG)で、建造コスト低減のた

め、1軸推進方式が採用されている。

武装は114mm単装砲2基、40mm機銃2基、リンボー対潜迫撃砲1基のほかヘ

リコプター1機を搭載。魚雷発射管は当初装備が計画されいたが、途中で取り止め

られた。射撃指揮装置は米海軍のMk56である。

トライバル級は1983年〜1992年にかけて除籍され、3隻がインドネシアに譲渡さ

れ、2隻が実験艦になって沈没した。

 

Type-81-1.jpg (22995 バイト)

 

b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)