トップページに戻る

アヴロ・ヴァルカン戦略爆撃機

Avro Vulcan

 
初飛行年 1953年
乗員 5名
全長 30.4m
全幅 33.8m
全高 8.3m
最大離陸重量 113398kg
エンジン ホーカーシドレーオリンパス301

ターボジェットエンジン(推力9070kg)

×4基

最大速度 1040km/h
航続距離 7403km(標準搭載時)
実用上昇限度 19810m
武装 454kg爆弾×21発または核爆弾

またはブルースチール空対地核ミサイル

×1発

最大爆弾搭載量21454kg

総生産数 約100機
↑データはB2型

 

1951年〜1953年に相次いで初飛行した、イギリスの大型爆撃機トリオ3Vボマーの

2番手として実戦配備についた世界最初のデルタ翼爆撃機である。最初の量産型は

1955年に初飛行したが、高高度高速飛行時にバフェッティングを起こすことがわかり

、その解消の為に外翼部の弦長を増す改修を加え、これにより純粋なデルタ翼では無

くなった。

ヴァルカンは当時の戦略方針である大型核爆弾による高空侵攻を前提に設計され、

その面では満足な性能を示したが、就役後間もなく上記戦略が変更されたため、約

100機の生産に止まった。しかしながら、ヴァルカンは機体が頑丈で、低空侵入任務

にも良く適合していたため、1970年からNATO兵力として通常爆撃任務につくことに

なり、その後も第一線にとどまり続け、フォークランド紛争では至上空前の長距離爆撃

作戦である、フォークランド島の飛行場爆撃「ブラックバック」作戦を行い、見事爆撃に

成功した。ちなみに、これがヴァルカンの最初で最後の実戦参加で、1984年に退役

した。

 

<各種タイプ>

○ヴァルカンB1: 最初の量産型

○ヴァルカンB2: エンジン強化型

○ヴァルカンB2A: ブルースチール空対地核ミサイルを搭載するバージョン

○ヴァルカンB2(MMR): 戦略偵察型

○ヴァルカンK2: 空中給油機型

 

Vulcan-1.jpg (25116 バイト)

 

Vulcan-2.jpg (15362 バイト)

 

 b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)