トップページに戻る

ヤコブレフYak−38フォージャーVTOL

Yakovlev Yak-38 Forger VTOL

 

開発年 1975年
乗員 1名
全長 15.86m
全幅 7.06m
全高 4.28m
自重 6530kg
翼面積 18.50平方メートル
エンジン R−27V−300(6940kg)×1

RD−36×2(リフト用エンジン)

最大重量 1万850kg
最大速度 1050km/h
上昇限度 1万1000m
武装 4カ所のハードポイントに最大3600kg

 

Yak−38はソ連初の実用垂直離着陸機である。開発当初はYak−36Mと呼ば

れており、一時Yak−36と混同されたが、まったく別の新型機である。初飛行

1971年で、1975年に黒海上の空母キエフで試験中に初めて西側に姿を見せ

た。実戦配備は同じく1975年で、これによりソ連艦隊は限定的ながらも悲願の

エアパワーを持つことになった。ただし、性能的には米海軍の艦上戦闘機と比べ

ものにならないほど劣っており、航空脅威の高い地域での使用は困難である。

そのため、主に対潜哨戒機などを標的としているようである。

エンジンはメインエンジンとリフトエンジン2基の構成で、メインエンジンはソユース

R−27×1基で後部に左右二つの排気ノズルを持つ。リフトエンジンはRD−36

−35FVRを2基胴体前部に装備しているが、飛行中はデッドウェイトになってしま

うため、飛行性能の低下を招いてしまう。Yak−38はアフターバーナーを装備し

ていないが、高高度でなら音速を超えることも可能である。主翼下には4つのパイ

ロンが装備されて入れ、ここに最高2000kgまでの武装を搭載することができる

が、通常は外側二つのパイロンに武装を搭載することはまれであった。主な武装

はUB−16−57またはUB−32−57ロケット弾ポッド、R−60空対空ミサイル、

500kg爆弾などで、航続距離は低空を飛行した場合100nmで、高高度飛行の

場合185nmとかなり不足している。ただし、武装を搭載しない偵察飛行の場合

ならば最大250nmである。

1980年からは改良型のYak−38Mの開発が始まり、推力不足が指摘されて

いた、メインエンジンをR−27V−300(推力68kN)にパワーアップし、システム

系統のトラブルも解決され、より洗練されたものとなった。Yak−38シリーズは全

体で200機あまりが生産されたが、母艦のキエフ級空母が全艦スクラップまたは

売却されたため全て退役した模様である。

 

Yak-38-1.jpg (24944 バイト)

 

Yak-38-2.jpg (13125 バイト)

 

                     戻る