トップページに戻る

ZSU−57−2自走対空砲

ZSU-57-2 Self-propelled anti-aircraft gun

 
開発年 1957年
乗員 6名
武装 S−68 57mm高射砲×2
搭載弾数 57mm砲弾×316発
最大砲塔旋回速度 30度/秒
最大俯仰速度 20度/秒
射統方式 目視、機械式計算機反射式
全長 砲身含む: 8.46m

車体のみ: 6.22m

全幅 3.27m
全高 2.71m
最低地上高 42.5cm
戦闘重量 28.1トン
馬力重量比 18.56hp/トン
接地圧 0.63kg/平方センチメートル
エンジン モデルV−54

V−12水冷ディーゼルエンジン

520馬力、2000回転/分

路上最高速度 50km/h
路上最高航続距離 420km

595km(補助燃料使用)

燃料タンク容量 812リットル+400リットル(補助)
渡河水深 1.4m
超堤高 0.8m
超壕幅 2.7m
登板能力 30%
装甲厚 車体前面: 13.4mm/58.8度

車体背面: 10.6mm/45度

車体上部: 13.6mm/0度

車体下部: 13.8mm/0度

NBC装置
夜間暗視装置 有(操縦手のみ)
使用国 生産終了

・アルジェリア

・中国(80式自走対空砲)

・キューバ

・エジプト(40両)

・イラン

・イラク

・北朝鮮

・モザンビーク

・ルーマニア

・ロシア

・シリア(10両)

・ベトナム

・ユーゴスラビア

 

<開発&設計>

ZSU−57−2は、いわば2連装のS−60高射砲を軽量化したT−54戦車

のシャーシに搭載したもので、砲塔は上部開放型、車体は軽装甲で、転輪

の数がT−54戦車より左右各1個少ない。ZSU−57−2の搭載砲S−68

57mm砲は、レーダーによる射撃管制ができない点を除けばS−60と共通

である。S−60は、世界各国で使われている非常に優れた高射砲で、元々

この砲は1945年に鹵獲されたドイツの試製55mm砲を模倣して生産された

ものである。性能は1門あたりの発射速度毎分105〜120発、持続射撃の

場合は毎分70発、水平最大射程12km、最大到達高度8.8km、有効射程

は目視照準の場合で4km、最大装甲貫徹能力は1000mで106mm(BR−

281徹甲弾使用)となっている。

ZSU−57−2は、ZSU−23−4シルカと同じ役割を果たすために開発され

たもので、攻撃中の機甲部隊に密接な対空火力を提供することが出来る。

また、砲の口径が大きく、発射速度も高いため、地上目標に対する直接照準

射撃にも優れている。

ZSU−57−2は完全に旧式化しているが現在もロシア軍の即応態勢の低い

部隊の装備として、あるいは戦時予備として使われており、前記以外の部隊で

も少数ながら使用されている。また、発展途上国の軍隊では数多くが現役とし

て残っている。ちなみに、中国で69式戦車をベースに開発された80式自走

対空砲はこのZSU−57−2を模倣して生産されたものであると言われている。

 

ZSU-57-2-1.jpg (23061 バイト)

 

ZSU-57-2-2.jpg (25502 バイト)

 

                                              b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)