トップページに戻る

BMP−2歩兵戦闘車

BMP-2 Infantry Fighting Vehicle

 

生産開始年 1980年
乗員 3名+7名
武装 2A42 30mm機関砲×1

PKT 7.62mm機銃×1(同軸)

AT−5スパンドレル発射機×1

3連装煙幕発射機×2

搭載弾数 30mm機関砲弾×500発

7.62mm機銃弾×2000発

スパンドレル対戦車ミサイル×4発

全長 6.735m
全幅 3.15m
全高 2.45m
最低地上高 42cm
戦闘重量 14.3トン
馬力重量比 20.3hp/トン
エンジン UTD−20 6気筒ディーゼルエンジン

300馬力、2600回転/分

最高速度 65km/h(路上)

7km/h(水上)

路上最高航続距離 600km
燃料タンク容量 462リットル
超堤力 0.7m
超壕力 2.5m
登板力 60%
NBC装置
夜間暗視装置
使用国 アフガニスタン(数両不明)

アルジェリア(225両)

アンゴラ(100両)

ロシア(ヨーロッパ戦域に3232両、ウラル

     以東にも大量配備)

チェコ(186両)

スロバキア(93両)

フィンランド(110両)

インド(1000両)

イラク(BMP−1と合わせて900両)

ヨルダン(35両)

クウェート(46両)

ポーランド(数両不明)

イエメン(BMP−1ち合わせて300両)

 

<特徴>

1、命中率の高い高初速機関砲を装備

BMP−1に装備されていた73mm低圧砲は命中率が非常に悪かった。それは

ロケット弾を撃ち出すため風邪の影響を受けやすいからで、口径が小さく炸薬量

も少ないため威力も低かった。そのため、BMP−2では2A42機関砲が主砲

として装備されることになり、これに伴い砲塔も大型化しBMP−1の1人用砲塔

から砲手と車長の2人用砲塔になった。2A42は最新型のBMP−3の同軸機関

砲と同じもので、発射速度は状況に応じて200〜300発/分と500発/分とを

選ぶことができて、最大射程は4000m、ただし有効射程距離は1000mであ

る。初速は960m/sと早く命中率も高いので、地上目標だけでなく低空を飛行

するヘリコプターや航空機にも効果的に使うことが出来る。搭載弾数は500発。

 

2、新型対戦車ミサイルを装備

BMP−1で採用されたマリュートカ(NATO名 AT−3サガー)対戦車ミサイルは

実に画期的なミサイルで、第四次中東戦争の際にもイスラエルの戦車相手に大

活躍しているが、反面飛翔速度が遅く、発射位置を特定されて反撃を受けやすか

った。しかも、有線目視誘導なので誘導には熟練した技術を要し、容易なことで

はなかった。そこで、BMP−2では第U世代の対戦車ミサイルであるコンクルース

(NATO名 AT−5スパンドレル)対戦車ミサイルを装備することになったが、この

ミサイルは半自動指令誘導(SACLOS)方式で、目標を照準点に捉えておけば

手動で誘導しなくても自動的に目標に誘導される仕組みになっていて、命中率も

向上している。最大射程は4000m。また、AT−5の代わりにAT−4スピゴット

対戦車ミサイルを装備することもできるが、普通はAT−5が装備されているよう

だ。

 

<設計&開発>

BMP−1の73mm低圧砲とAT−3サガー対戦車ミサイルの組み合わせは1970

年代に入ってさすがに旧式化しつつあった。BMP−2はBMP−1の武装強化型と

して1970年代から開発が開始されたもので、1980年に正式採用された。武装は

2A42 30mm機関砲と対戦車ミサイル、7.62mm機銃を砲塔上に装備してお

り、また、大部分のBMP−2は砲塔左右に902Vと呼ばれる3連装煙幕発射機が

取り付けられている。30mm機関砲の右側には赤外線サーチライト(モデルOU−

3GA2)が同軸式に装備され、その他に砲塔上面の指揮官用ハッチの前にも同じ

赤外線サーチライトが装備されている。砲塔はBMP−1と違って、車長と砲手の2

名が配置されているので大型化されており、そのため砲塔後ろの戦闘室上のハッ

チが2つに減少(BMP−1では4個)し、内部の兵員配置も後部戦闘室に6名、車

体前部右側操縦席後ろの旧車長席に1名で合計7名となり、BMP−1より1名減

少している。ガンポートも後部戦闘室の兵員が減った分、左右3個ずつから、2個

ずつになり、その代わり左前方に座る新しい歩兵のための新たなガンポートが追

加された。

BMP−2の足回りはBMP−1と同じもので、エンジンはUTD−20ディーゼルエン

ジン(300馬力)で、これもBMP−1と同じものであるが、重量が若干増えた分だ

けBMP−1より走行性能が低下しているものと思われる。また、BMP−2は

BMP−1と同じように水陸両用である。

BMP−2はアフガニスタン紛争の中盤以降実戦で用いられたが、装備する30mm

機関砲はBMP−1の73mm低圧砲より好評で、ゲリラの拠点つぶしに活躍した。

しかし、内部の兵員室が狭いのは相変わらずで、この点がBMP−2の大きなネック

になり、次のBMP−3の開発につながることになる。

 

<各種タイプ>

○BMP−2A: 1980年代後半に開発された。ガン・スタビライザーが新たに装備

           され内部の通信機器の改善などが施されている。

○BMP−2D: 砲塔上面にアップリケ装甲を取り付け、装甲防御を強化したタイプ

○BMP−2K: 指揮通信型

○BVP−2: チェコスロバキアのライセンス生産バージョン

この他に、30mm機関砲の俯仰角の増大、砂漠用空調装置の取り付け、AG−17

30mm自動擲弾発射機の取り付けなどの小規模な改修が施されている車輌もある。

 

BMP-2-1.jpg (15753 バイト)

 

BMP-2-2.jpg (12158 バイト)

 

                   戻る