トップページに戻る

BTR−60装輪装甲兵員輸送車

BTR-60 Armed Personnal Carrier

 

量産開始年 1959年
乗員 3+8名
駆動方式 8×8
武装 14.5mm重機銃×1

7.62mm同軸機銃×1

搭載弾数 14.5mm機銃弾×500発

7.62mm機銃弾×2000発

全長 7.56m
全幅 2.835m
全高 砲塔上部まで: 2.31m

車体のみ: 2.055m

最低地上高 0.475m
ホイールベース 1.35m+1.525m+1.35m
戦闘重量 10.3トン
馬力重量比 17.47hp/トン
エンジン GAZ−49B 6シリンダー

水冷式ガソリンエンジン

90馬力、3400回転/分×2基

最大路上速度 80km/h
最大水上速度 10km/h
最大路上航続距離 500km
燃料タンク容量 290リットル
超堤高 0.4m
超壕幅 2m
登板力 60%
最大装甲厚 砲塔部: 7mm

車体部: 9mm

NBC装置
夜間暗視装置 有(赤外線サーチライト、車長用及び操縦手用)
使用国 生産終了

アフガニスタン(不明)

アルジェリア(不明)

アンゴラ(100両)

ボツワナ(30両)

ブルガリア(781両)

カンボジア(210両)

中国(不明)

ロシア(数千両)

コンゴ(30両)

キューバ(不明)

ジブチ(12両)

エチオピア(数十両)

フィンランド(120両)

ギニア(8両)

ギニア・ビサウ(十数両)

インド(不明)

イラン(不明)

イラク(不明)

北朝鮮(不明)

リビア(不明)

マリ(10両)

モンゴル(250両)

モザンビーク(不明)

ニカラグア(64両)

ルーマニア(965両 TAB71)

ソマリア(不明)

シリア(不明)

トルコ(不明)

ベトナム(不明)

イエメン(不明)

ユーゴスラビア(不明)

ザンビア(13両)

データはBTR−60PB

 

BTR−60はソ連軍ののすべての歩兵師団及び機械化師団への配備を目

指した本格的装輪装甲兵車として開発が始められた。旧ソ連では、それ以

前にもBTR−40やBTR−152などの装輪装甲兵車が配備されていたが

、これらは貨物トラックをベースにした物に過ぎず、その性能は満足の行く

ものではなかった。また、BTR−50という装軌式装甲兵車も存在したが、

装軌式ということでコストがかかり、軍全体への配備は無理があった。

この新型装輪装甲兵車の開発はZiL(リハチョフ名称工場)とGAZ(ゴーリ

キー自動車工場)の競争試作という形で進められ、比較試験によりGAZの

GAZ−49の方が良好な踏破性能を発揮することが確認された。そして、

1959年11月13日にBTR−60Pとして正式採用され、以後共産圏の主

力装輪装甲兵車として16年間もの長期間に渡って生産が続けられている。

最初に量産が開始されたBTR−60Pは14名の歩兵を搭乗させることが

できて、完全浮航能力を備えていた。武装は車体前部に12.7mm重機関

銃1門または7.62mm機銃1門で、各側面には搭乗歩兵が内部から射撃

できるように3コずつのガンポートが備わっている。

エンジンは車体後部にGAZ−49ガソリンエンジン2基が搭載されている。

これらのエンジンは、それぞれ第1、第3車軸と第2、第4車軸を分担して駆

動させているのが特徴で、この方式だと片方のエンジンが損傷を受けたり

故障しても走行することが出来るが、反面2基のエンジンを同調させて一つ

の車両を駆動させるので故障や不調の原因になりやすい。

サスペンションはトーションバー式が用いられている。また、タイヤの空気圧

は車内から調整することが出来る。

BTR−60は今まで有力な装輪兵員輸送車を持っていなかった旧ソ連歩兵

師団の機械化に大きく貢献し、さらに旧ソ連の友好国に多数輸出された。

BTR−60シリーズは1976年まで生産が続けられ、総生産数は25000両

であった。

 

<各種タイプ>

○BTR−60P: 最初の量産型で、車体は密閉式ではなくオープントップ式

           で、最大14名の兵士を搭乗させることができる

○BTR−60PA: 2番目の量産型で、核戦争下の戦闘に対応するため、

              車体はオープントップ式から密閉式に変更された。その

                            ため歩兵の最大搭乗数は10名に減少

○BTR−60PB: BTR−60PAの武装強化型とも言えるタイプで、14.5

            mmKPVT重機関銃と7.62mmPKT機銃を装備した

            ターレットがとり付けられている。ただし砲塔を搭載した

            ことによって搭乗歩兵数は8名に減少している

○BTR−60PZ: 搭載機銃の仰角を60度にまで増した新砲塔を搭載した

            タイプ

○BTR−60PBK: BTR−60PBの指揮通信型

○BTR−601V18: 砲兵観測車輌

○BTR−601V19: 射撃指揮車輌

○BTR−60AVS: 移動指揮車輌

○BTR−60PAU: 砲兵通信車輌

○BTR−60PU−12M: 防空指揮車輌

○BTR−60VVS: 指揮通信車輌

○BTR−60P: 整備支援車輌

○BTR−60SPAAG: 30mm連装機関砲を搭載したタイプ、キューバで

               使用されている

○BTR−60ACVR M1979(2): 牽引砲兵部隊で利用されている

○BTR−60PU: BTR−60Pに防水シートを被せた指揮通信車輌、各種

            通信機材やアンテナが装備されている

○BTR−60PU−12: BTR−60PAを改造した指揮通信車輌

○BTR−60ACVR: 砲兵指揮/偵察用車輌

○BTR−60MS: テレスコピック・アンテナ(NATOコードネーム:ハイボー

             ル)を装備した通信車輌

 

BTR-60-1.jpg (28109 バイト)

 

BTR-60-2.jpg (10757 バイト)

 

 b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)