トップページに戻る

BTR−70装輪装甲兵員輸送車

BTR-70 Armoured Personnel Carrier

 

乗員 2+9名
武装 14.5mm重機関銃×1

7.62mm機銃(同軸)×1

搭載弾数 14.5mm機銃弾×500発

7.62mm機銃弾×2000発

全長 7.535m
全幅 2.8m
全高 2.235m
最低地上高 0.475m
戦闘重量 11.5トン
馬力重量比 20.86hp/トン
エンジン ZMZ−49O5 6シリンダー

ガソリンエンジン(120馬力)×2基

最高速度 路上: 80km/h

水上: 10km/h

路上最高航続距離 600km
燃料タンク容量 350リットル
超堤高 0.5m
超壕幅 2m
登板力 60%
最大装甲厚 9mm
NBC装置
夜間暗視装置 有(赤外線式、車長用及び操縦手用)
使用国 生産終了

アフガニスタン(不明)

ロシア(陸軍及び海軍歩兵)

ルーマニア(TAB−77、167両)

 

<開発&設計>

BTR−70はBTR−60PBをベースにした改良型で、最初に確認されたのは1980年

のモスクワパレードの時、正式採用は1972年8月、生産が開始されたのは1976年

である。BTR−60PBとBTR−70の主な違いは1、エンジンがパワーアップされたこと 

2、第2車軸と第3車軸の間に出入用のハッチがとりつけられたこと 3、搭載機関銃の

最大仰角が増加したことなどが挙げられる。

エンジンはBTR−60のGAZ−49B(90馬力)×2からBTR−70ではZAZ−49O5

(120馬力)×2にパワーアップされており、これに伴い機関室が大型化された。しかし、

相変わらず搭載エンジンの数は2基であまり好ましいことでは無い。また、BTR−70で

はBTR−60の欠点とされていた被弾しやすい上部ハッチからしか出入りできない構造

を改めるため、より地表に近い部分に逆三角形のハッチを新設したが、搭乗歩兵が迅

速に出入りするには小さく不都合なものだった。搭載機関砲についてはBTR−60PZに

採用された最大仰角を増したタイプがそのまま引き継がれている。

その他細かい違いは兵員室両側面上部に切り込みが入れられて、ペリスコープが新設

されている点や、車体前面の構成をより単純化し、生産性を向上させている点、搭乗歩

兵の車内配置を横隊2列から背中合わせの縦列に変更した点などが挙げられる。

このように見ていくと、BTR−70には未だ未解決の問題点が多く、あくまでもBTR−80

までのつなぎ的な役割だったことがわかる。その後、BTRシリーズの決定版とも言えるB

TR−80の登場まで生産が続けられ、ルーマニアではTAB−77としてライセンス生産も

行われた。

 

<各種タイプ>

○BTR−70MS: ターレットの無い通信型

○BTR−70KShM: 指揮官用車輌

○BREM: ターレットの変わりにジブ・クレーンやその他の機材を取り付けた回収型

○BTR−70Kh: 化学偵察車

○SPR−2: レーダージャミングバージョン

少数のBTR−70は後のBTR−80のターレットを装備しているものもある

アフガニスタンで活動中だった一部のBTR−70にはAGS−17グレネードランチャーが

取り付けられたものもあった

 

BTR-70-1.jpg (19613 バイト)

 

BTR-70-2.jpg (13274 バイト)

 

 b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)