トップページに戻る

BTR−80装輪装甲兵員輸送車

BTR-80 APC

 

正式採用年 1986年
乗員 3名+7名
武装 14.5mm重機関銃KPTV×1

7.62mmPKT機銃×1

発煙/てき弾発射機×6

搭載弾数 14.5mm重機関銃弾×500発

7.62mm機銃弾×2000発

全長 7.65m
全幅 2.90m
全高 2.35m
最低地上高 47.5cm
戦闘重量 13.6トン
馬力重量比 19.11/トン
エンジン KAMAZ−7403

4ストロークV8水冷ディーゼルエンジン

260馬力

最高速度 路上: 90km/h

水上: 9.5km/h

路上最高航続距離 600km
燃料タンク容量 290リットル
超堤高 0.5m
超壕幅 2m
登板力 60%
最大装甲厚 砲塔: 7mm

車体: 9mm

NBC装置
夜間暗視装置 有(赤外線暗視装置、車長用及び

  操縦手用)

使用国 生産継続中

・ハンガリー(356両)

・アフガニスタン

・フィンランド

・トルコ

・ロシア

 

<特徴>

1、エンジンを1基に統合

BTR-60/70では適当な馬力を持つエンジンが無かったため、トラック用の

ガソリンエンジン2基を装備していたが、2つのエンジンを同調させる難しさ

からか信頼性の面で劣っていた。さらに、ガソリンエンジンということもあり、

アフガニスタン紛争の際にはゲリラ側のロケット弾攻撃でガソリンタンクや

エンジンが炎上するケースが多発し、多くの車輌や兵士が失われている。

そのためBTR-80では、KAMAZ−7405ディーゼルエンジン(260馬力)

1基に統合されることになり、これにより生産性や信頼性が大きく向上する

ことになった。さらに、ディーゼルエンジンに置き換えたことで被弾に対する

防護力も向上している。

 

2、側面乗降ハッチを大型化

BTR-60は後部にエンジンが配置されていたため、後部に乗降ハッチを

設けることができず、車体上面という極めて被弾しやすい場所にハッチを

設けていたため最前線での兵士の乗降には常に危険を伴った。BTR-70

では応急的に第2/第3車輪間下部に小型の乗降ハッチを設けたが、

完全武装の兵士が乗り降りするには狭すぎて、迅速に兵士を展開する

ことが出来なかった。これらの反省からBTR-80では側面ハッチを大型化

するとともに上下2枚開閉式に変更したため、BTR-70と比べて大分余裕

が出てきたと言える。

 

<開発&設計>

BTR-70が過渡的な兵器であったのに対して、BTR-80ではBTR-70で

不充分だった改良ポイントをさらに徹底し、アフガニスタン紛争の戦訓など

も取り入れたBTRシリーズの決定版とも言える。

BTR-80の開発は、アルザマススキー・マシン・サヴォード(アルザマス市

自動車工場)ではじまり、主任設計技師はA.マシャーギンが担当した。

正式採用されたのは1986年のことで、これはアフガニスタンに侵攻した

ソ連軍の撤退が決定された年でもある。そのため早くも前線から撤退する

隊列の中にBTR-80が目撃されるようになった。

BTR-80の主な改良点は、@エンジンを2基から1基に統合、これに伴い

機関室を大型化、A車体側面の乗降ハッチを大型化、B銃塔後部に6基

の発煙・てき弾用発射器902Bトゥーチャ(黒雲)を砲塔後部に備えたこと、

などがあげられる。また、携帯対空ミサイル2基を標準装備するようになり、

1990年代からは生産型の砲塔を改良して、より機関砲の最大俯角を最大

80度に増大し対空戦闘時の射撃可能範囲を大幅に広げた。さらに搭乗兵

員室上部をかさ上げし、居住性を向上させている。

このように初期のBTRシリーズと比べて大幅に進歩したBTR-80であるが、

エンジンルームが後部にあるという根本的な問題が残っており、側面ハッチ

を大型化してもその展開能力に限界があるのも事実だ。しかし、安価な

生産コストや整備コスト、優秀な路外踏破性能を備え、旧ソ連地上軍の

機械化に大きく貢献したBTRシリーズの実績はやはり賞賛に値するもの

だろう。

 

<各種タイプ>

○BTR−80 M1989/1: 指揮通信車

○2S23 120mm自走迫撃砲: BTR−80の車体をベースに2S9の迫撃

                      砲塔を搭載

○RKhM−4: 化学偵察車

○BREM-K: BTR−80を改造した装甲回収車

○BMM−80: 装甲野戦救急車

○GAZ−59037: 荒地突破用浮航輸送車輌

○BTR−80A: 砲塔をオーバーマウント式に変更したタイプで、2A72 30

           mm機関砲を装備する

○BTR−80S: 基本的にはBTR−80Aと同じだが、30mm機関砲の代わり

           に14.5mmKPVT重機関銃を装備している

○BTR−90: BTR−80のシャーシをベースに車体を大型化し、BMP−2

          歩兵戦闘車と同じ砲塔を取りつけたタイプ

 

BTR-80-1.jpg (22568 バイト)

 

BTR-80-2.jpg (21655 バイト)

 

                       b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)