トップページに戻る

デハヴィランド・ヴァンパイア戦闘機

DeHaviland Vampire

 
初飛行年 1943年
乗員 1名
全長 9.4m
全幅 11.6m
全高 2.7m
自重 3300kg
総重量 5620kg
エンジン デハヴィランド コブリンD3

ターボジェットエンジン(推力1590kg)

×1基

最大速度 882km/h
航続距離 1963km
実用上昇限度 13050m
最良上昇率 1460m/分
武装 イスパノ20mm機関砲×4門

爆弾・ロケット弾など最大900kg

総生産機数 3500機以上
↑データはFB9型

 

<開発&設計>

ヴァンパイアはミーティアに続いて採用されたイギリス第2の実用ジェット戦闘機で、1

941年から開発が始まった。本機の特徴は双ブーム形式のユニークな機体設計で、

これは排気ダクトの長さを短くして当時の非力なジェットエンジンの推力を少しでも有効

に活用するために提案されたものである。初飛行は1943年9月に初飛行し、部隊配

備は1946年4月に開始された。

ヴァンパイアはスエズ動乱や初期の中東戦争などで実戦を経験したが、性能的には

ジェット戦闘機の急速な進歩によって1950年代には速くも時代遅れとなった。しかし、

単発のためミーティアより機動性が良く、価格も安価であったため多くの国々に輸出さ

れ、3500機以上が生産されるという隠れたベストセラー機でもあった。

 

<各種タイプ>

○ヴァンパイアF.I: 初期量産型

○ヴァンパイアFB5: 戦闘爆撃機型

○ヴァンパイアT11: 複座並列の練習機型、イギリス最初のジェット中間練習機

○ヴァンパイアNF10: 複座夜間戦闘機型

○シーヴァンパイア: 空母から運用された初の純ジェット航空機、このタイプはFB5型

              を海軍型としたもので、イギリス海軍向けに18機が量産された

 

Vampire-1.jpg (13347 バイト)

 

 b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)