トップページに戻る

キルディン級ミサイル駆逐艦

Kildin Class

 
計画番号 プロジェクト56M 「キルディン」

プロジェクト56EM 「キルディン」

プロジェクト56U 「キルディン改(Kildin mod)」

建造隻数 1958年

4隻

建造造船所 ・61コムナ・ニコラエフ(北)

・ジュダノフ造船所(レニングラード)

・コムソモルスク

全長 126.5m
全幅 13m
喫水 4.7m
基準排水量 2767トン(プロジェクト56M)

2890トン(プロジェクト56EM)

2940トン(プロジェクト56U)

満載排水量 3315トン(プロジェクト56M)

3447トン(プロジェクト56EM、U)

主機 蒸気タービン2基、2軸
出力 72000馬力
速力 36ノット
航続距離 32ノットで1000浬

18ノットで3600浬

兵装 <砲>

・ZIF−31B 57mm70口径4連装機関砲×4基

 (プロジェクト56M、U)

・SM−20−ZIF 45mm4連装機関砲×4基

 (プロジェクト56EM)

・AK−276 76mm59口径連装砲×2基

 (プロジェクト56U)

<対艦ミサイル>

・SS−N−1スクラバ−SSM単装発射機×1基

 (プロジェクト56E、EM)

・SS−N−2スティックス単装発射筒×4基

 (プロジェクト56U)

<対潜ロケット>

・RBU−2500×2基

RBU−6000×2基

<魚雷>

・533mm連装魚雷発射管×2基

電子兵装 <レーダー>

・ ヘッド・ネットC(三次元対空捜索)

  (ベドヴィはストラット・ペア装備)

・ パーム・フロンド(対水上捜索)×2基

・ ホーク・スクリーチ(射撃管制)×2基

・ アウル・スクリーチ(射撃管制)×1基

  (プロジェクト56U)

・ ドン2(航海)×2基

・ ドン・ケイ(航海)×2基

<ソーナー>

・ ハーキュリーズまたはペガサス中周波

  (船体装備)

<電子戦システム>

・ ウォッチ・ドッグ×2基

乗員 251名

273名(プロジェクト56U)

建造艦データ ・ベドヴィ(N)

 (竣工1958年、改装1972〜1974年、

  除籍1989年)

・ニューロヴィミィ(Z)

 (竣工1958年、改装1971〜1972年、

  除籍1990年)

・ニューデルジミィ(K)

 (竣工1958年、練習艦に改装1985年、

  除籍1987年)

・プロゾルニヴィ(Z)

 (竣工1958年、改装1976〜1977年、

  除籍1991年)

 

<開発&設計>

当初コトリン級として計画されたが、SSM(艦対艦ミサイル)の実用化に伴って設計変

更されたとみられる世界初の対艦ミサイル搭載駆逐艦で、1958年から1959年にか

けて4隻完成した。搭載する対艦ミサイルはSS−N−1スクラバー(ロシア名:P1Kss

h)で、このミサイルはロシアで最初の巡航ミサイルである。なお、スクラバーはNATO

コードネームであり、アメリカ情報局では通常ストレラと呼称していた。SS−N−1に

ついての情報は少ないが、このミサイルは17mのレール発射機を必要とし、200度

の円弧の方向を動くことができる。この長い発射機は、高速パトロールボートよりも

速度の遅い艦艇からの発射を想定したもので、追い風の方向に発射されるものと思

われる。また、特徴的なのはその攻撃方法で、目標近辺で弾頭が分離され数m降下

して水中に入り、目標艦艇の海面下部分を直撃するようになっている。最大射程は40

kmである。

キルディン級ではSS−N−1SSMを搭載するにあたって、コトリン級の後部兵装を

撤去し、後部130mm砲の跡にSS−N−1SSMの単装発射機、その前部にミサイ

ル4基ないし6基収容の格納庫を設けている。魚雷発射管は中央部両舷に連装1基

ずつとした他、後に前部砲も57mm4連装機銃2基に改められた。なお、1番艦「ベド

ヴィ」はプロジェクト56EM艦として完成し、砲兵装として残りのプロジェクト56M艦が

ZIF−31B 57mm機関砲を装備しているのに対してSM−20-ZIF 45mm4連装機

関砲4基(16門)を装備していた。

その後、搭載するSS−N−1SSMが陳腐化したため、1973年から1975年にかけ

て3隻が大規模な改修を受けた。まず、後部にあったSS−N−1発射機とその格納庫

が撤去され、SS−N−2cスティックスSSMを片舷2基ずつと76.2mm連装砲塔を中

心線上に2基設置された。これらの艦艇はプロジェクト56Uキルディン改型と呼ばれ、

全艦ニコラエフ北造船所で改装された。なお、太平洋艦隊に配備されていたニューデル

ジミィは改装されることなく在籍し、SS−N−1SSMシステムを搭載する最後のソ連艦

になっていたが、1985年に兵装を撤去し練習艦となり、1987年にはスクラップになっ

ている。また、改修された3隻も旧式化が進み、1989年から1991年にかけて相次い

でスクラップにされた。

 

Kildin-1.jpg (28308 バイト)

 

Kildin-2.jpg (28603 バイト)

↑キルディン改型(プロジェクト56U)

 

 b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)