トップページに戻る

ロッキードL−1011トライスター

Lockhead L-1011 Tristar

 

Specifications

形式 3発中距離用ワイドボディ旅客機
初飛行年 1970年
全長 54.2m
全幅 47.4m
全高 16.9m
運航自重 109640kg
最大離陸重量 195050kg
エンジン ロールスロイス RB−211−22B

ターボファンエンジン

(推力19050kg)×3基

巡航速度 マッハ0.85
航続距離 4960km
総生産機数 〜1983年

250機

↑データはL−1011−1トライスター

 

Development & History

 L−1011トライスターは、L−188エレクトラ以来ロッキード社が久々に開発した旅客機で、ライバルのダグラス社が同時期に開発していたDC−10と同じくアメリカ大陸を横断できるワイドボディ・ジェット機である。初飛行はDC−10に僅かに遅れた1970年で、1972年にイースタン航空の路線に就役した。

 L−1011トライスターは当時の最新の技術がふんだんに取り入れられた機体で、機体の完成度も高かった。しかし、搭載するロールスロイス製エンジンの開発に手間取り、外形的にかなり似通ったライバルのダグラスDC−10とオペレーターが二分されてしまったため、思ったほど受注が伸びず、生産機数は250機であった。ビジネスが頓挫したロッキード社は以後旅客機の生産から撤退し、L−1011トライスターはロッキード社最後の旅客機となってしまった。

 日本では全日空が1974年から主要幹線に投入し、一部国際線でも使用されたが、現在は全て退役している。

 

Variants

・L1011−1「トライスター」

 最初の量産型。

・L1011−100「トライスター」

 燃料搭載量を増やし、最大離陸重量を引き上げた長距離型。

・L1011−200「トライスター」

 エンジンをロールスロイスRB.211−524(推力21772kg)に換装し、高地や高温の    性能を向上させたモデル。

・L1011−500「アドバンストトライスター」

 ロールスロイスRB.211−524B又はRB.211−524B4エンジンを装備し、胴体を    短縮した本格的な長距離型。

 

 

1101l-killu-axx-hh.jpg (17323 バイト)

↑パンアメリカン航空(PAN AM)のトライスター

1101l-killu-axx-hh3.jpg (9824 バイト)

AD2002/05/25 Update

SevenSeas-home-2.gif (944 バイト)