通常動力攻撃潜水艦ウイスキー

Whiskey Class

水上排水量 1080トン
水中排水量 1350トン
全長 76m
6.5m
喫水 4.8m
主機 ディーゼル・エレクトロニック

発電機2基

電動機2基   

2軸

出力 4000馬力
速力 水上18ノット/水中14ノット
兵装 533mm魚雷発射管4門(艦首)、2門(艦尾)
乗員 54名
一番艦就役年 1951年

 

第二次大戦後ソ連海軍が計画し、建造した初の中型潜水艦。同時期建造のズールーZulu型と同様、ドイツが

戦時中建造した潜水艦の影響を強く受けている。1950年代に約240隻が国内のいくつかの造船所で量産

されたが、これは当初の340隻計画が原潜建造を優先させるため縮小されたものといわれる。備砲の有無など

配置の異なる5つのバリエーションが生まれたが、その御砲を持たないX型に統一された。現在44隻が在役して

いるようだが海上で行動する姿はほとんど見られず、一方で老朽化の進んだものが88年から逐次外国に

スクラップ用として売却され始めており、本型すべてが退役する日も遠くないと思われる。

船型は第二次大戦後期にドイツが建造したなXXI型によく似ており、水中高速を考慮した細長くかく抵抗の少ない

ものになっている。ただし同型よりやや小型である。建造の時期によって備砲をセイル前部に持つもの、前部に

のみ備えるものなどがあったがなどがあった。本型を改造してSS−N−3ミサイルを搭載した艦やレーダー哨戒

艦が少数出現したが、現在はすべて姿を消している。また本型とフォックスロット型の間に建造された大型の

ズールー型、小型のケベックQuebec型、本型よりやや大きいロメオRomeo型が建造されたがこれらもすべて

退役している。ただしロメオ型は他海軍で在籍しているものがある。

 

 b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)