トップページに戻る

スホーイSu−7/17/20/22フィッタ−

Su−7/17/20/22 fitter

名称

 

Su−7/17/20/22

NATO名 「フィッタ−」

形式 単座戦闘爆撃及び制空戦闘機
全長 15.6m
全幅 9.4m
翼面積 34.5平方メートル
総重量 15.6トン
平均重量 12.2トン
自重量 8.7トン
エンジン リュ−リカAL−7

推力9.5トン×1

最大速度 マッハ1.6
最大上昇力 11000m/分
航続距離 1200km
推力重量比 0.78
翼面荷重 354kg/平方メートル
翼面推力 275kg/平方メートル
武装 30mm機関砲×2

空対空ミサイル×2

原型初飛行 1955年12月
主な配備国 ロシア(320機)

カザフスタン(十数機)

トルクメニスタン(30機)

ブルガリア(数十機)

アフガニスタン(50機)

バングラディシュ(12機)

ベトナム(60機)

シリア(十数機)

イラク(詳細不明)

イエメン(35機)

リビア(数十機)

アンゴラ(十数機)

注:データはSu−7フィッタ−Aのものである

 

鈍重なミグMIG−19ファーマー以外にジェット戦闘/爆撃機を持たなかった旧ソ連が、1955年頃から試作に

取り組んだのが本機フィッタ−・シリーズである。最初のスホ−イSu−7(フィッタ−A)は、アメリカ空軍の

F−105サンダーチーフに匹敵する大きなものであった。強力ではあったがSu−7の離着陸性能には問題が

あり、インド空軍などから改良の要請が出された。

そのため、主翼の外側の部分だけ動かす部分可変翼付改造型としてSu−17フィッタ−B、20フィッタ−C、

22フィッタ−Dなどが誕生する。この可変翼の採用により、搭載量の180%増加といった向上が現実のものと

なった。

しかしSu−22になると再びACM重視の設計となり、兵器搭載量は減少している。Su−7〜20は能力の割に

価格が安く、装備も簡略化されているため、生産数の20%(約200機)が、発展途上国に輸出された。

 

フィッタ−は第三次中東戦争、第三次インド/パキスタン戦争、第四次中東戦争、イラン/イラク戦争、

レバノン紛争、湾岸戦争とあらゆる戦争に参加しているが、その中でも最も有名なのはスケールこそ大きくないが

1981年のシドラ湾での空中戦であろう。なぜならば、このACM(空中戦)はF−14トムキャット戦闘機の初の

本格的実戦参加であり、さらに史上初めての可変翼機どうしの戦闘であったからだ。

この紛争はカダフィ大佐率いるリビア政府が、地中海南岸のシドラ湾の領有を宣言、一切の立ち入りを禁止し、

そして、これに反発したアメリカ政府が空母「ニミッツ」と「フォレスタル」を派遣し、対決の姿勢を明らかにしたこと

から始まる。

2隻の空母から発進したF−14の編隊がCAP(空中戦闘哨戒)任務につき、リビアの出方をうかがっていた。

カダフィ大佐はこれを黙視せず、2機のスホ−イSu−22フィッタ−を送り込んできた。そのうち1機が、8月19日

早朝、F−14の2機編隊に対してアト−ルAAM1発を発射した。緊急操作でこのミサイルを回避したトムキャット

は、すぐにAIM−9Lサイドワインダ−で反撃した。発射された3発のサイドワインダ−は、「毒蛇」の名のごとく

Su−22に襲いかかり、瞬時に命中し粉砕した。空戦開始から3分の出来事であった。

 

Su-20-1.jpg (21432 バイト)

 

Su-22-2.jpg (12237 バイト)

 

b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)