通常動力攻撃潜水艦フォックストロット

Foxtrot Class

 

名称 哨戒型通常動力潜水艦(第2級大型潜水艦)

NATO名 「フォックストロット」

計画番号 641,641I、641K
完成隻数 79隻
水上排水量 1950トン
水中排水量 2500トン
全長 91.5m
8m
喫水 6.1m
予備浮力 30.8%
主機 ディーゼル・エレクトニック

2D−42ディーゼル3基、主電動機3基、3軸

電池 48−SM 112基4群
出力 5200馬力
速力 水上18ノット/水中16ノット
兵装 533mm空気圧式魚雷発射管6門(艦首)、4門(艦尾)

搭載魚雷数22発

ソナー アクティブMG−200アルクティカ

パッシブトゥルマ

逆探スヴィートM(NATO名 パイクジョウ、ハーキュリーズ)

レーダー ブリヤ(NATO名 スヌープ・プレートまたはスヌープ・トレイ)

警戒ナカート(NATO名 ストップ・ライト)

水上航続距離 8.13ノットで30000nm
水中航続距離 16ノットで15.3nm、あるいは575時間
安全潜航深度 250m
最大潜入深度 280m
一番艦就役 1958年
乗員 75名

 

1950年代後期から80年代前期まで長期にわたって建造された非核動力の哨戒潜水艦。もっともソ連海軍向け

の艦は70年代初期までで、それ以降は輸出向けの建造だった。50年代前期に就役した戦後初の大型航洋艦

ズール−Zulu型をベースにしており、使用実績に優れ、60年代から70年代にかけて世界の各海域に展開した

が、近年はバルト海、黒海など閉囲された海域に移り、現在は逐次現役を去りつつある。当初約160隻の

建造計画を持っていたが、原潜建造を優先するため、自国海軍向けは約60隻の整備にとどまったといわれる。

船型はタンゴ型に似て細長い船体である。前部乾舷が心持ち高くなっており、水線下の艦首はとがって、上端に

ソナー・ドームの丸みがつけられている。一応水中高速型だが、水上航走を相応に考慮している。潜舵は

引き込み式で整流用の蓋はない。セイル後端頂部のシュノーケル吸気部が顕著で、その右側にアンテナ柱が

立っている。

 

Foxtrot-1.jpg (25924 バイト)

 

b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)