トップページに戻る

ロプーチャ級戦車揚陸艦

Ropucha Class

 
形式 大型戦車揚陸艦
名称 プロジェクト775 ロプーチャ

プロジェクト775M ロプーチャU

建造期間 1975年〜1991年
建造隻数 23隻
造船所 ポルノクヌイ造船所

(グダニスク、ポーランド)

全長 113m
全幅 14m
喫水 2.9m
基準排水量 2200トン
満載排水量 3200トン
推進機関 ディーゼル2基、2軸
出力 10000馬力
速力 18ノット
航続距離 16ノットで3500浬

12ノットで6000浬

兵装 <ミサイル>

・SA−N−5グレイル4連装発射機

 ×4基(一部の艦)

<砲>

・AK−257 57mm80口径連装

 対空機関砲×2基

電子兵装 <レーダー>

○ドン2航海レーダー×1基

○マフ・コブ射撃管制レーダー×1基

○ストラット・カーブ対空捜索レーダー

 ×1基

乗員 70名
搭載兵員 230名
 

<開発&設計>

ロプーチャ級は従来の大型揚陸艦アリゲーター級の後継艦として建造された戦車揚陸

艦で、1975年〜1991年にかけて23隻が竣工した。建造は全艦ポーランドのグダニ

スクにあるポルノクヌイ造船所で行われた。船体はアリゲーター級より一回り小型である

。ロプーチャ級の形状は、上部構造物を後側に寄せて艦首と艦尾に車輌積み下ろし用

ランプを持つ伝統的なLST型で、どちらかというと貨物船に近い印象を持ったアリゲータ

ー級よりも洗練されている。また、艦型としては東ドイツで建造されたフロッシュ級と似て

いるが、フロッシュ級はロプーチャ級と比べるとかなり小型である。上部構造物はこの種

の揚陸艦としては長大な箱型で、大型の並列煙突を装備している。

使用可能甲板スペースは600平方メートルで、最大搭載能力は450トン、装甲兵員輸

送車最大25両、完全武装揚陸部隊225名を搭載することができる。また、ロプーチャ

級はポルノクヌイ級と同様に基地のクレーンによって車両と貨物を戦車甲板まで直接降

ろせるように、艦首部に大型のスライディング・カバーが装備されている。

ロプーチャ級は前述のように23隻もの大量建造が行われ、うち1隻は1980年に南イエ

メンに供与された。その後、ソ連崩壊などの影響もあったが、1998年現在でなお19隻

がロシア海軍に在籍(相当数は予備役と思われる)しており、貴重なロシアの水陸両用

戦力の主力として当分の間は現役に留まるものと思われる。

 

<兵装>

全てではないが、グレイル短射程対空ミサイルを装備している艦もあった。上部構造

前部にはAK−726 76mm連装砲、後部にはAK−257 57mm80口径連装防空

機関砲が装備されている。前甲板には多連装ロケット発射機2基分の設備があるが、

通常は装備されていない。

 

<改装>

21番艦〜最終艦はロプーチャU型(プロジェクト775M)と呼ばれる改型である。これ

らは上部構造後部にあった57mm80口径連装防空機関砲が撤去されてAK−630

CIWS×2基に換装されるなど兵装が若干異なっている。

 

Ropucha-AXX-1.jpg (23933 バイト)

↑ロプーチャT級

 

Ropucha-AXX-2.jpg (19135 バイト)

↑ロプーチャU級

AD2002 5/02Update

 b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)