トップページに戻る

 

ロシア連邦

Russian Federation

 

Russia-def.jpg (15218 バイト)

 

<

<基本データ>

国防費推移 1997年: 640億ドル

(GDPに占める割合 5.8%)

1996年: 739.9億ドル

(同 6.5%)

1985年: 3436.2億ドル

(同 16.1%)

※1985年は旧ソ連の値

兵力推移 1998年: 115万9000人

1997年: 124万人

1985年: 530万人

※1985年は旧ソ連の値

面積 合計: 1707万5200平方キロ

陸地: 1699万5800平方キロ

水域: 7万9400平方キロ

国境線 合計: 1万9917km

アゼルバイジャン: 284km

ベラルーシ: 959km

中国(PRC): 3645km

エストニア: 294km

フィンランド: 1313km

グルジア: 723km

カザフスタン: 6846km

北朝鮮(DPRK): 19km

ラトビア: 217km

リトアニア: 227km

モンゴル: 3441km

ノルウェー: 167km

ポーランド: 206km

ウクライナ: 1576km

海岸線 3万7653km
人口 1億4600万1167人(2000年)
徴兵適格人口(15〜49歳男性) 3029万4374人
人口増加率 −0.38%(2000年)
住民 ロシア人(81.5%)

タタール人(3.8%)

ウクライナ人(3.0%)

チュバシ人(1.2%)

バシキール人(0.9%)

ベラルーシ人(0.8%)

モルドバ人(0.7%)

首都 モスクワ(863.7万人)
外貨準備高 91億ドル(1999年)

 

<工業・鉱業>

労働力 6600万人
工業生産能力 粗鋼5151万トン、アルミニウム

301万トン、船舶4.7万総トン、

自動車106万台、合成ゴム70万

トン、ガソリン2678万トン、ナフサ

353万トン、軽油4668万トン、

重油6684万トン、セメント2669

万トン、銅60万トン

国内総生産(GDP) 6203億ドル(1999年)
1人あたりの国内総生産 4200ドル(1999年)
主要資源 石炭、天然ガス、鉄鉱石、金、

石油、ダイヤモンド、錫、プラチナ

 

<交通・船舶>

鉄道 広軌(1524mm): 15万km
道路 合計: 94万8000km

舗装道路: 33万6000km

未舗装道路: 61万2000km

運河 合計: 10万1000km

航行支援設備有: 6万400km

人工的な運河: 1万6900km

空港 2517ヶ所

<舗装滑走路>

3047m以上: 54本

2438m〜3047m: 202本

1524m〜2437m: 108本

914m〜1523m: 115本

914m未満: 151本

<未舗装滑走路>

3047m以上: 25本

2438m〜3047m: 45本

1524m〜2437m: 134本

914m〜1523m: 291本

914m未満: 1392本

商船隊 合計695隻(1000総トン以上)

392万923総トン(GRT)

486万7676重量トン(DWT)

 

 

現役:115万9000人

予備役:2000万人

1998est

 

<戦略軍>(14万9000人)

○海軍(1万3000人)

・SSBN(原子力弾道ミサイル潜水艦) 

 タイフーン級(2万6500トン、SS−N−20(RSM−52)スタージョンSLBM×20基装備)×4隻

  デルタW級(1万2150トン、SS−N−23(RSM−54)スキッフSLBM×16基装備)×7隻

 デルタV級(1万1700トン、SS−N−18(RSM−50)スティングレイSLBM×16基装備)×10隻

 デルタT級(1万200トン、SS−N−8(RSM−40)ソーフライSLBM×12基装備)×5隻

○戦略ロケット軍

・ICBM(大陸間弾道ミサイル)

 SS−18サタン(RS−20)×180基

 SS−19スチレット(RS−18)×188基

 SS−24スカルペル(RS−22)×92基

 SS−25シクル(RS−12M)×360基

・ABM(対弾道ミサイル)

 SH−11ガロッシュ×36基

 SH−08ガゼル×64基

・警告システム(ICBM/SLBM発射探知、他の高高度写真偵察機の探知、電子情報収集など)

 (水平線外レーダー)

 キエフ、コムソモレスクに2つ、米国と北極圏をカバー

 ニコラーエフスクに1つ、中国地域をカバー

 (早期警戒レーダー、ABM関連レーダー)

 作戦稼働中

 コーラ、アゼルバイジャン、ウラル 計3基

 試験用

 カザフスタン 計1基

 建設中

 ベラルーシ、イルクーツク 計2基

 (ヘンハウス(鶏小屋)レーダー、探知範囲6000km)

 6基稼働中

 (ピルボックス フェーズドアレイレーダー)

 1基稼働中(モスクワ)

○戦略航空軍

・戦略爆撃機 Tu−95H6ベア(AS−15ALCM搭載)×28機(他にウクライナに5機)

         Tu−95H16ベア(AS−15ALCM搭載)×32機(他にウクライナに20機)

         Tu−160ブラックジャック×6機(他にウクライナに19機)

・試験機 Tu−95×8機、 Tu−160×6機

・練習機 Tu−95G×5機

 

<陸軍>(42万人、徴集兵14万4000人を含む)

★6コ機甲師団、19コ狙撃兵(歩兵)師団、5コ空挺師団、4コ機関銃師団、3コ砲兵師団、32コ砲兵旅団

  4コ重砲兵師団、3コ空挺旅団、1コ独立機甲旅団、11コ独立狙撃兵旅団、8コ特殊部隊旅団

  13コ地対地ミサイル旅団、9コ対戦車旅団、21コ地対空ミサイル旅団、7コ攻撃輸送ヘリ連隊

  7コ練習ヘリ連隊

以下の( )内の数字は欧州通常戦力であるウラル以西地域に配備されている戦力

○MBT(戦車) T−54/55×(37)両、 T−62×(97両)、 T−64A/B×(189両)、 

          T−72L/M×(2028両)、 T−80U/UD/UM×(3178両)、 T−90×(100両以上)

          合計約1万5600両(約5800両)

○軽戦車 PT−76×200両(2両)

○偵察車 BRDM−2×2000両

○歩兵戦闘車 BMP−1×(1513両)、 BMP−2(3232両)、 BMP−3×(97両)、 

          BMD−1/2/3×1600両(1187両)、 BRM×(565両)

○装甲兵員輸送車 BTR−60P/70/80×(2018両)、 BTR−D×(483両)、 MT−LB×(744両)

             歩兵戦闘車、装甲兵員輸送車合わせて2万6300両(9839両)

○牽引砲 122mm砲: M−30×(16門)、 D−30×(871門)

       130mm砲: M−46(1門)

       152mm砲: ML−20(1門)、 D−20×(213門)、 ジアツィント−B 2A36×(524門)

                ムスタ−B 2A65×(330門)

       203mm砲: B−4M

○自走砲 122mm自走砲: 2S1グヴォージカ×(592門)

       152mm自走砲: 2S3アカーツィア×(1061門)、 2S5ジアツィント×(471門)、

                   2S19ムスタ×(416門)

       203mm自走砲: 2S7ピオン×(33門)

       牽引砲、自走砲合わせて1万5700門(5999門)

○自走迫撃砲 120mm自走迫撃砲: 2S9アノーナ×(328門)、 2B16アノーナ×(2門)、 2S23×(3門)

          240mm自走迫撃砲: 2S4チュールパン×(19門)

○多連装ロケット発射機 122mmロケット砲: BM−21×(336基)、 BM−13×(6基)、 

                              9P138×(13基)

                220mmロケット砲: 9P140ウラガン×800基(409基)

                300mmロケット砲: 9A52スメルチ×105基(105基)

○迫撃砲 120mm迫撃砲: 2S12×(170門)、 PM−38×(79門)

       160mm迫撃砲: M−160

○地対地ミサイル SS−21×200基、 スカッドB/C(フロッグ(ルナ)部隊の大抵は解散した)×116基

○対戦車ミサイル AT−2スワッタ−、 AT−3サガ−、 AT−4スピゴット、 AT−5スパンドレル

            AT−6スパイラル、 AT−7、 AT−9、 AT−10

○ロケットランチャー 64mmロケットランチャ−: RPG−18

              73mmロケットランチャー: RPG−7/16/22/26

              105mmロケットランチャー: RPG−27/29

○無反動砲 73mm無反動砲: SPG−9

         82mm無反動砲: B−10

○対戦車砲 57mm対戦車砲: ASU−57空挺対戦車自走砲

        76mm/85mm対戦車砲: D−44/SD−44、 ASU−85空挺対戦車自走砲

        100mm対戦車砲: T−12/T−12A/M−55牽引砲

○対空砲 23mm対空砲: ZU−23、 ZSU−23−4シルカ対空戦車

       37mm対空砲

       57mm対空砲: S−60、 ZSU−57−2対空戦車

       85mm対空砲: M−1939

       100mm対空砲: KS−19

       130mm対空砲: KS−30

○地対空ミサイル SA−4A/Bガネフ(軍、戦線正面軍単位で配備、)×500基

            SA−6ゲインフル(師団単位で配備)×400基

            SA−8ゲッコー(師団単位で配備)×400基

            SA−9ガスキン(連隊単位で配備)×200基

            SA−11ガトフライ(SA−4、SA−6の後継)×250基

            SA−12グラディエーター/ジャイアント(弾道ミサイルの迎撃可能)×100基

            SA−13ゴーファー(SA−9の後継)×350基

            SA−15ガントレット(SA−6、SA−8の後継)×100基

            SA−19グリソン(2S6ツングースカシステムに装備)

            SA−7グレイル(携帯用地対空ミサイル)

            SA−14グレムリン(携帯用地対空ミサイル

            SA−16ギムレット(携帯用地対空ミサイル)

            SA−18グロウス(携帯用地対空ミサイル)

○ヘリ 攻撃ヘリ: Mi−24ハインド×1000機(801機)、 Ka−50ホーカム×4機

     輸送ヘリ: Mi−6、 Mi−8ヒップ、 Mi−26 

             合計1300機

 

<海軍>(18万人、徴集兵1万7000人、戦略軍1万3000人、海軍航空隊3万5000人、沿岸警備隊1万

       2500人、海軍歩兵を含む)

○潜水艦 

原子力ミサイル潜水艦: オスカー級(13400トン(U型)、SS−N−19×24基搭載)×11隻

                ヤンキーノッチ級(13650トン、SS−21サンプソン×20基搭載)×3隻

                ヤンキー級(試験艦、SS−NX−24×12基搭載)×1隻

原子力攻撃潜水艦: アクラ級(9100トン)×10隻

              シエラ級(8100トン)×3隻

              ヴィクターV級(6000トン)×12隻

通常動力潜水艦: キロ級(3000トン)×17隻

            タンゴ級(3800トン)×5隻

            フォックスロット級×1隻

その他の役割の潜水艦(原子力): ユニフォーム級×3隻

                      エコーU(試験/実験艦)×1隻

                      ヤンキー級×2隻

               (通常動力): エックス・レイ級×1隻

                        Losos級×2隻

○空母 アドミラル・グズネツォフ級(6万7500トン)×1隻

○巡洋艦(原子力): キーロフ級(2万4300トン)×2隻

      (通常動力): スラヴァ級(1万1200トン)×3隻

               ウダロイ級(8700トン)×8隻

               ウダロイU級×1隻

               カーラ級(9900トン)×2隻

               キンダ級(5560トン)×1隻

○駆逐艦 ソブレメンヌイ級(7300トン)×11隻

       カシン改級(4900トン)×1隻

       カシン級(4750トン)×1隻  

○フリゲート艦 グリヴァクU級(3600トン)×3隻

          グリヴァグT級(3600トン)×9隻

          ネウストラシムイ級(3800トン)×1隻

○コルベット グリシャT/V/W/X級(1200トン)×30隻

         バルヒムU級(960トン(U型)×12隻

○ミサイル艇 タランタル級×49隻(T型×3隻、U型×17隻、V型×29隻)

         ナヌチュカ級×21隻

         ダーガチ級×2隻

         オ−サ級×3隻

         マトカー級×4隻

○魚雷艇 Turya級×15隻

○哨戒艇 Vtka級×1隻

       パウク級×8隻

       Badochka級×1隻

       ムハ級×2隻

○掃海艇 遠洋用: ゴーリャ級×2隻

             ナチャ級×20隻

       近海用: Yurka級×9隻

             ソーニャ級×35隻

       沿岸用×40隻

○水陸両用艇 

ドック型強襲揚陸艦: イワンロゴフ級(兵員520名、戦車20両搭載可能)×1隻

戦車揚陸艦:  ロプーチャ級(兵員225名、戦車9両搭載可能)×19隻

          アリゲーター級(兵員300名、戦車20両搭載可能)×5隻

          ポルノクヌイ級(兵員180名、戦車6両搭載可能)×2隻

機動揚陸艦: オンダトラ級×6隻

エアクッション型揚陸艦: ポモルニク級×6隻

                アイスト級×6隻

                Tsaplya級×6隻

                レベッド級×12隻

                Utenok級×1隻

                OrlanWIG(WIG=地面効果翼機)×2機

                UtkaWIG×1機

○補助艦艇&雑務艦

給油艦: ベレジナ級×1隻

      ボリス・チリキン級×5隻

               その他×12隻

整備艦艇&補給艦: 潜水母艦×15隻

              修理艦×38隻

              油槽艦×20隻

              ミサイル補給艦×15隻

              曳航船×90隻

              特殊液体輸送船×12隻

              水輸送艦×12隻

              貨物船×17隻

特務船: 情報収集艦(一部装甲艦)×18隻

      ミサイル追跡艦×2隻

      練習艦×7隻

      砕氷船(民間人が乗船)×24隻

      病院船×4隻

調査船: 海洋調査船×67隻(海軍×28隻、民間×39隻)

      測量船×115隻(海軍×80隻、民間×35隻)

      宇宙関連船×6隻(民間人乗船)

○商船隊 遠洋航行船×2800隻(17隻が北極海で活動)

○海軍航空隊(3万5000人)

・爆撃機 Tu−22Mバックファイヤー×71機

・戦闘機&攻撃機 Su−24フェンサー×75機、 Su−25フロッグフット×9機、 Su−27フランカー×30機

・対潜哨戒機 (航空機) Tu−142ベアF×9機、 Il−38メイ×35機、 Be−12×54機

         (ヘリ) Mi−14×70機、 Ka−25×53機、 Ka−27×119機

・掃海ヘリ Mi−14×25機

・海洋偵察機/電子戦機 (航空機) Tu−95×14機、 Tu−22×8機、 Su−24フェンサー×24機、 

                        An−12×7機、  Il−20×2機 

                 (ヘリ) Ka−25×20機

・強襲ヘリ Ka−29×25機

・輸送機 (航空機) An−12、 An−24、 An−26 計120機

       (ヘリ)  Mi−6/Mi−8 計70機

・空対地/空対艦ミサイル AS−4キッチン、 AS−7ケリー、 AS−10カレン、 AS−11キルター

                 AS−12ケグラー、 AS−13キングボルト、 AS−14ケッジ

○海軍歩兵(7500人)

・戦車 T−55、 T−64、 T−72、 T−80 計160両

・偵察車 BRDM−2(サガー対戦車ミサイル装備)×60両

・装甲兵員輸送車 BTR−60/70/80×1500両、 MT−LB×250両

・自走砲 122mm自走砲: 2S1グヴォージカ×96門

      152mm自走砲: 2S3アカーツィア×18門

・多連装ロケット発射機 122mmロケット砲: 9P138×96基

・自走迫撃砲 120mm自走迫撃砲: 2S9アノーナ×168門、 2S23×11門

・対戦車ミサイル AT−3サガー/AT−5スパンドレル×72基

・対空砲 23mm対空砲: ZSU−23−4シルカ×60門

・地対空ミサイル SA−7グレイル×250基、 SA−8ゲッコー×20基、 

           SA−9ガスキン/SA−13ゴーファー×50基

○沿岸警備歩兵(5000人)

・戦車 T−64×350両

・歩兵戦闘車 BMPシリーズ×450両

・装甲兵員輸送車 BTR−60/70/80×280両、 MT−LB×400両

・牽引砲 122mm砲: D−30×140門

      152mm砲: D−20×40門、 2A65×50門、 2A36×50門

・自走砲 152mm自走砲: 2S5ジアツィント×48門

・多連装ロケット発射機 122mmロケット砲: BM−21グラード×36基

 

<空軍>(21万人)

○遠距離航空部隊

・爆撃機 Tu−22M−3バックファイヤー×125機、 Tu−22M−2バックファイヤー×30機、

      Tu−22ブラインダー×92機(偵察型30機を含む)

・給油機 Il−76×20機

・練習機 Tu−22M−2/3×10機、 Tu−134×60機

○戦術航空部隊

・爆撃機/攻撃機 Su−24フェンサー×475機、 Su−25フロッグフット×250機

・戦闘機 MiG−29ファルクラム×315機、 Su−27フランカー×100機

・偵察機 MiG−25RフォックスバットB×40機、 Su−24フェンサー×160機

・電子戦機 Mi−8ヒップ×60機

・練習機 (作戦転換練習機) MiG−29×80機、 Su−24×80機、 Su−25×20機

      (教官養成練習機) MiG−25×10機、 MiG−29×20機、 Su−24×15機、 Su−25×10機

                   Su−27×10機

・空対空ミサイル AA−8エイフィド、 AA−10アラモ、 AA−11アーチャー、 AA−12アダー、 

・空対地ミサイル AS−7ケリー、 AS−10カレン、 AS−11キルター、 AS−12ケグラー、 

            AS−13キングボルト、 AS−14ケッジ、 AS−16キックバック、 AS−17クリプトン

            AS−18カズー

○防空軍

・戦闘機 MiG−23フロッガー×100機、 MiG−31フォックスハウンド×425機、 

      Su−27フランカー×275機

・早期警戒機 Il−76メインステイ×20機

・練習機 MiG−23×165機、 L−39×200機

・予備機 MiG−23フロッガー、 MiG−25フォックスバットなど300機

・空対空ミサイル AA−8エイフィド、 AA−9エイモス、 AA−10アラモ、 AA−11アーチャー、 

            AA−12アダー、 R−37

・地対空ミサイル SA−2ガイドライン×50基

           SA−5ガモン×200基

           SA−10グランブル×1900基

            合計2150発射機、 225サイト

○輸送航空部隊

・輸送機 Il−76M/MDキャンディットB、 An−12、 An−21、 An−124 合計340機

・補助的役割の輸送機 Tu−134、Tu−154、 An−12、 An−72コーラ、 Il−18、 Il−62 合計250機

・民間航空機 中型、長距離旅客機合わせて1500機(An−12、Il−76×350機を含む)

 

予備機を含む保有航空機合計

・固定翼機

Su−17フィッター×192機、Su−22フィッター×56機、Su−24フェンサー×425機、

Su−25フロッグフット×195機、Su−27フランカー×299機、MiG−23フロッガー×545機、

MiG−25フォックスバット×139機、MiG−27フロッガー×169機、MiG−29ファルクラム×461機、

MiG−31フォックスハウンド×237機、Tu−22ブラインダー×92機、Tu−22Mバックファイア×58機

・ヘリコプター

Mi−24ハインド×720機、Mi−24(K)×38機、Mi−24(R)×43機、Ka−50ホーカム×4機

 

<準軍隊>

○国境警備隊(20万人)

・歩兵戦闘車&APC 1700両

・自走砲 90門

・航空機 Il−76、Tu−134、An−72、An−24、An−26、Yak−40 合計70機

      SM−92×16機

・ヘリコプター Mi−8、 Mi−24、 Mi−26、 ka−27 合計200機+

・哨戒艦艇

フリゲート艦 グリヴァクV級×7隻

大型遠洋哨戒艇 グリシャU級×12隻、 グリシャV級×4隻

沿岸哨戒艇 パウク級×20隻、 Svetlyak級×15隻

近海哨戒艇 Stenka級×65隻、 Muravey級×10隻、 ジューク級×20隻

河川哨戒艇 ヤズ級×10隻、 Piyavka級×7隻、 Vosh級×7隻、 シメリョフ級×60隻

補助艦艇  装甲砕氷艦×8隻、 装甲外洋曳航船×18隻

 

○ソ連内務省部隊(23万7000人)

・歩兵戦闘車&APC 1700両(BMP1/2、BTR−80)

・牽引砲 D−30×20門

 

○ロシア連邦防衛軍(2万5000人)

 

○連邦警備部隊(9000人)

 

○連邦通信情報エージェンシー(5万4000人)   

 

                                           b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)