トップページに戻る

SSC−3スティックス沿岸防衛ミサイル

SSC−3styx coastal defense missile

 

名称 SSC−3 

NATO名: styx(三途の川)

ロシア名: P-20/21/22 Rubezh

全長 6.55m
直径 0.76m
翼幅 2.4m
発射重量 P−20: 2500kg

P−21/22: 2600kg

射程 P−20: 85km

P−21: 100km

誘導方式 中間: 自動操縦

終末: アクティブレーダーホーミング

     赤外線ホーミング

推進方式 液体
弾頭 513kgHE成形爆薬
最大速度 マッハ0.9
設計 Raduga設計局

 

1970年代後半になると、艦対艦ミサイルSS−N−2c/dスティックス(P−20

/21)を使用した沿岸防御対艦ミサイルが開発された。これがSSC−3スティッ

クス沿岸防衛対艦ミサイルである。このシステムは1980年代初めに部隊試験

が行われ、1984年から実戦配備が開始された。

SSC−3はSSC−1a/b同様、発射筒で大型トレーラーの荷台に載せられてい

る。ベース車体にはMAZ−7910(8X8)重運搬車両が使われていた。車両のレ

イアウトは前部左側に操縦席、その右側にエンジンがあり、さらにその後ろには3

人乗りコントロ−ル・コンパートメントが設けられていた。コントロール・コンパート

メント右側には伸縮式のプランク・シューブ探索誘導レーダーが装備されており、

本車だけで自律的にミサイルを運用することも可能である。なおこのレーダー

は、移動時には操縦席屋根上に倒して収納することができる。ミサイルは後部の

荷台に連装式に発射筒が搭載されている。この発射筒はミサイル発射時には車

体サイドに向けて90度旋回し、20度の俯角をかけて前後のカバーを開放してか

らミサイルを発射する。

ミサイルはP−20またはP−21で、いずれも小型機サイズである。葉巻型をした

円筒形 ボディーの、中央部に折り畳み式のデルタ翼、後部に垂直・水平尾翼を

それぞれ持ち、後部下に推進用のターボジェット・エンジンが取り付けられていた。

発射および加速用に尾部にロケット・ブースターが取り付けられて、使用後投棄

される。ミサイルの全長は6.55m、翼幅2.8m、直径0.78m、重量2.5〜2.

6トン、炸薬量513kg、射程80km(P−20)、100km以上(P−21)、速度は

マッハ0.9である。

ミサイルは発射後、まず45度の角度で上昇する。同ミサイルの最大の特徴がシ

ースキマーであることで、安定した飛翔に入った後、電波高度計またはドップラー

・レーダーを使い、海面上25〜50m(P−20)または25m(P−21)を巡航する。

目標への突入時は浅いダイブを行い、海面上2〜5mの位置で命中する。

誘導方式は、中間フェーズがプログラムによる自動操縦で、ミサイル発射にあた

ってオペ−レーターが目標までの距離や方位のデータをミサイルに入力してやる

必要がある。終末フェーズはアクティブレーダーまたは赤外線ホーミングで、目標

がジャミングをかけた場合や明瞭な赤外線探知が得られた場合、赤外線にバト

ンタッチされる。またジャミング源へのホーミングも可能である。

大型ミサイルでもあり、命中さえすれば1発で大破ないし撃沈もありうる。搭載さ

れたプランク・シェーブレーダーは、最大限アンテナを延ばした状態で、35kmの

探知距離がある。これはミサイルの最大射程に比べてかなり小さく、ミサイルの

性能を最大限に生かすためには航空機搭載レーダーやその他の探知システム

を併用する必要 がある。しかしこの点は元来港湾防御システムなのだから、と

うぜん周辺の警戒システムを使うことが期待できるはずである。

SSC−3ミサイルは1984年に太平洋艦隊に配属されてから、順次各艦隊に配

備された。ロシアでは3コ大隊で旅団が編成され、艦隊レベルの兵器として運用

されている。各大隊は各6両を装備する3コ中隊から成る。SSC−3はSSC−1

bを代替するというよりは、補完兵力として配備されているようである。その他、8

0年代半ばに旧東ドイツやユーゴスラビア、シリア、リビアなどにも輸出されている。

 

SSC-3-1.jpg (17414 バイト)

↑スティックスミサイル

 

b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)