トップページに戻る

タイプ23デューク級フリゲイト艦

Type23 Duke Class

 
建造隻数 1990年〜2001年

16隻

全長 133m
全幅 16.1m
喫水 5.5m
基準排水量 3500トン
満載排水量 4200トン
主機 CODLAG

ガスタービン2基、電動機2基、

ディーゼル4基、2軸

出力 ガスタービン: 34000馬力

電動機: 4400馬力

ディーゼル: 8100馬力

速力 28ノット
航続距離 15ノットで7800NM
兵装 <砲>

・114mm単装砲×1基

・30mm機銃×2基

・20mm機銃×2基

<対空ミサイル>

・シーウルフ短SAM用VLS×1基

<対艦ミサイル>

・ハープーンSSM4連装発射筒×2基

<魚雷>

・324mm連装短魚雷発射管×2基

搭載機 リンクスHAS−3ヘリコプター1機
乗員 169名
使用国 ・イギリス(16隻)
 

<開発&設計>

イギリス海軍最新のフリゲイトで、先日最終艦が就役し全16隻の建造を終えた。本級

はフォークランド紛争後に計画されたもので、対潜を主任務とするが、ダメージ・コント

ロールにも相応の配慮がなされている。船体は平甲板型で、船体前部にゆるやかな

シアを有し、上部構造物は前部、中部、後部に分かれており、ステルス性向上の為に

船体構造すべての垂直面に7度の傾斜を持たせている。兵装は、ハープーンSSM発

射筒、シーウルフ短SAM用VLS、114mm単装砲を装備するとともに、対潜ヘリコプ

ター1機を搭載しており、高い汎用性を有している。なお、シーウルフ短SAMにVLSを

採用したのは本級が初めてである。このVLSは32セル型で、114mm砲後方に装備

され、発射装置の一部が甲板上に出た搭載方式になっている。

主機関にはガスタービン推進とディーゼル・エレクトリック推進を組み合わせたCODL

AG方式を導入したのも本級の特徴で、水中放射雑音を低減し艦の静粛化の向上が

図られている。また、水中放射雑音低減のために水線より上に装備された。

 

Type23duke-1.jpg (32183 バイト)

 

Type23duke-2.jpg (27219 バイト)

AD2002 07/11 Update

 b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)