トップページに戻る

アメリカの国防費

1947-2003

kokubou-usa-2004-sai-axx.jpg (28051 バイト)

 

kokubou-usanominal-2004-sai-axx.jpg (22859 バイト)

 

軍事支出の推移

 上の表は戦後1947年から2003年までのアメリカの国防費の推移である。こうして見ると、大きく分けて4回の軍拡局面があったことが分かる。まず、最初に朝鮮戦争である。特に1951年には前年比87.1%増と一挙に倍増、さらに1952年も31.2%の伸びを示し、朝鮮戦争終結までに118億5000万ドル(1950年)から306億3000万ドル(1953年)と急激に増加している。

 第2の拡大局面はベトナム戦争である。特に米軍が本格介入した1965年以降は、1966年に前年比15.0%、1967年も13.0%の伸びを示し、ピークの1968年には358億4000万ドルにまで国防費が増大した。

 第3の拡大局面は1979年のソ連のアフガニスタン侵攻に端を発する新冷戦時代である。特に1982年と1984年には8.3%と高い伸びを示し、1987年まで継続的に拡大、1987年には478億1000万ドルとアメリカ史上最高(だが、恐らく近々更新されるだろう)の軍事支出を記録している。この新冷戦時代の持続的かつ劇的な軍拡競争にはソ連もついて行けず、ソ連経済は破局を迎える。

 第4の拡大局面は2001年の同時多発テロに端を発する、一連の対テロ戦争である。特にイラク戦争が勃発した2003年には11.6%というベトナム戦争中の1967年以来の二ケタ増となっている。

 

kokubou-usagdp-2004-sai-axx.jpg (24244 バイト)

 

国内総生産に占める国防費の割合

 上の表はGDPに占める国防費の割合の歴史的推移である。この表から1950年代前半の朝鮮戦争でピークに達した軍事費の負担は経済成長とともに逓減傾向にあることが分かる。

 

ランキング

□国防支出が最も多かった年:  1987年(478億1000万ドル)

□国防費が最も増えた年: 1951年(前年比プラス87.1%)

□国防費が最も減った年: 1954年(前年比マイナス12.8%)

□GDPに占める国防費の割合が最も高かった年: 1953年(14.7%)

□GDPに占める国防費の割合が最も低かった年: 2000年(3.8%)

□国防費が最も継続的に増えた期間: 1976〜1987年(11年間)

□国防費が最も継続的に減った期間: 1988〜1998年(10年間)

 

<実質国防費>

10億ドル

伸び率

国防費/GDP
2003 470.6

11.6%

4.5%

2002 421.6 9.8% 4.2%
2001 383.8 3.7% 3.9%
2000 370.3 0.5% 3.8%
1999 368.4 2.8% 3.9%
1998 358.3 -2.2% 4.0%
1997 366.4 -3.0% 4.2%
1996 377.8 -0.2% 4.5%
1995 378.5 -3.4% 4.7%
1994 391.8 -4.6% 5.0%
1993 410.6 -5.9% 5.5%
1992 436.3 -3.9% 5.9%
1991 453.7 -1.0% 6.4%
1990 458.3 -0.6% 6.4%
1989 461.0 -1.7% 6.6%
1988 468.8 -1.9% 7.0%
1987 478.1 3.0% 7.4%
1986 464.4 4.0% 7.4%
1985 446.3 7.2% 7.4%
1984 416.2 8.3% 7.2%
1983 384.4 6.7% 7.1%
1982 360.1 8.3% 7.0%
1981 332.4 6.9% 6.3%
1980 310.8 6.1% 6.0%
1979 293.0 2.8% 5.7%
1978 285.2 0.9% 5.7%
1977 282.7 2.3% 6.0%
1976 276.3 1.1% 6.1%
1975 273.4 -0.7% 6.3%
1974 275.3 -0.6% 6.4%
1973 276.9 -4.0% 6.4%
1972 288.4 -1.4% 7.0%
1971 292.6 -8.0% 7.5%
1970 318.1 -7.0% 8.4%
1969 342.2 -4.5% 9.1%
1968 358.4 2.6% 9.8%
1967 349.4 13.0% 10.0%
1966 309.3 15.0% 9.1%
1965 268.9 -1.3% 8.4%
1964 272.4 -2.6% 9.1%
1963 279.8 -1.2% 9.9%
1962 283.2 6.7% 10.4%
1961 265.5 4.6% 10.4%
1960 253.7 -2.1% 10.1%
1959 259.2 -4.1% 10.6%
1958 270.2 1.0% 11.9%
1957 267.4 5.4% 11.6%
1956 253.6 1.2% 11.2%
1955 250.7 -6.1% 11.3%
1954 267.1 -12.8% 12.9%
1953 306.3 5.4% 14.7%
1952 290.7 31.2% 14.6%
1951 221.8 87.1% 11.6%
1950 118.5 -2.1% 6.7%
1949 121.0 8.4% 7.4%
1948 111.7 -4.8% 6.8%
1947 117.3 7.5%

※2000年物価基準

出所:米国商務省

 

AD2004/6/28 Update

b301back.gif (1709 バイト) b301home.gif (1761 バイト)