トップページに戻る

Yak−28ファイアバー迎撃機

Yak-28 Firebar all-weather interseptor

 

名称 ヤコブレフYak−28

NATO名 「ファイアバー/ブルーアー」

タイプ 爆撃/迎撃機
全長 23m
全幅 12.95m
翼面積 37.6平方メートル
最大離陸重量 19000kg
エンジン ツマンスキーR−11

ターボジェットエンジン(60.8kN)×2

最高速度 1180km/h
上昇限度 16000m
武装 AA−2アトールまたはAA−3アナブ

空対空ミサイル×2発

使用国 不明

ロシア本国では退役

 

1、大型の爆弾庫を装備

 Yak−28は胴体中央部に大型の爆弾庫を設け、大量の爆弾を搭載することが可能

 である。この爆弾庫が胴体中央部に塞いでいるため、着陸装置が特徴的となってい

 る。前後に爆弾庫を避けるように2つのランディングギアが設けられ、翼端にもハリア−

 のような補助車輪を装備し、横転を防ぐようになっている。

 

2、Yak−25以来のエンジン配置

 エンジンは翼下に2基のエンジンをつり下げる古典的な配置である。

 

<開発>

Yak−28は高翼で後退角の付いた翼の下に2基の大型ターボジェットエンジンを持つ

爆撃機である。基本的な配置は以前に開発されたYak−25やYak−27などと似ている

が、Yak−28はまったく新しく開発された機体である。最初に公開されたのは1961年

のツシノ航空ショーの時で、NATOの間では形がYak−25に似ているため、その改良

型であると勘違いし、フラッシュライトというYak−25のコードネームで呼ばれ戦闘機で

あるとされた。しかし、後になって新型機であり、しかも爆撃機であることが判明しNATO

コードネームも「ブルーアー」に改名された。生産は1962年に開始された。その後、多く

は電子戦機や練習機に改造され、最近まで任務についていた模様である。

 

<各種タイプ>

Yak−28ブルーアーA: 最初の量産型。しかし、少数生産にとどまる。

Yak−28ブルーアーB: ナビゲーター席が新たに設けられたタイプ。

Yak−28ブルーアーC: 先端ノーズが延長されナビゲーター/爆撃手席が新設され

                た。またエンジンダクトも延長されている。

Yak−28Pファイアバー: 全天候迎撃機タイプ。

Yak−28RブルーアーD: 偵察型。

Yak−28EブルーアーE: 電子戦型。

Yak−28U: コックピットの後ろに新たな座席を設け複座にした練習機。

 

Yak-28-1.jpg (18821 バイト)

 

Yak-28-2.jpg (16690 バイト)

 

 

                 戻る