ドント・ブリーズ

DON'T BREATHE
監督 フェデ・アルバレス
出演 ジェーン・レヴィ  スティーヴン・ラング  ディラン・ミネット  ダニエル・ゾヴァット
脚本 フェデ・アルバレス  ロド・サヤゲス
撮影 ペドロ・ルケ
編集 エリック・L・ビーソン  ルイーズ・フォード
音楽 ロケ・バニョス
2016年 アメリカ作品 88分
好き度☆☆☆


アイデアもの。

今年最初に観た映画。
なじみの喫茶店のマスター夫妻といっしょに観賞。ひとりだと怖いので(大ウソ)。

3人で泥棒に入った家で、住人ひとりに反撃を食らう。
相手は盲目だから簡単に盗めると予定していたが、逆に…というアイデアが、よくできた作品

あ、もう、殺られたな、と思っていたら、また復活していたりして、どんだけシブトイんだ、お互い? な場面もあるが、こういう映画なので許せはする。

そもそも泥棒に入るほうが悪いわけだが、それほどの悪党ではないせいもあって、住人に追い詰められると、うまく逃げてくれ! と願ってしまう。

住人は、元軍人の設定で、攻撃が的確。盲目なのも有利な条件に変えてしまう。
しかも、彼には、ある秘密があった!
さて、泥棒たちは脱出できるのか?

ほとんど家の中での(しつこい=いろいろと考えたぞ、脚本)サバイバル・追いかけっこ・アクション・スリラー。

一見、「ドント・プリーズ」(Don't Please)にも見えてしまう題名の字面(じづら)なので、おお、「やめてよ、おねがい」の意味なのかと間違って受け止めても、それはそれで、似たようなものだった!




〔2017年1月9日(月) 池袋HUMAXシネマズ〕


映画感想/書くのは私だ へ        トップページへ