よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)講座 Q&A(Tips)|ファイル(ブック)操作関連
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)講座 Q&A(Tips):ファイル(ブック)操作関連


スポンサードリンク

テンプレートの保存方法       Topへ

  1. 【ファイル】→【名前を付けて保存】 を選択します。
  2. 『ファイルの種類』で『テンプレート(*.xlt)』を選択します。
    すると、保存先が「Templates」になりますので、そこに保存します。
  3. 開く時は、【ファイル】→【新規作成】 を選択し、『標準』タブから開くことができます。

ブックにパスワードを付けて保護する     Topへ

  1. 【ファイル】→【名前を付けて保存】 を選択します。
  2. ツールバーの【ツール】→【全般オプション】を選択します。
  3. 【保存オプション】ダイアログで希望の箇所にパスワードを入力します。

バックアップファイルを作成する

  1. メニューバーの【ファイル】→【名前を付けて保存する】を選択します。
  2. 【ツール】→【全般オプション】を選択します。
  3. 『保存オプション』ダイアログで『バックアップファイルを作成する』にチェックを入れて、「OK」ボタンをクリックします。
  4. 元ファイル「重要.xls」とは別に「重要 のバックアップ.xlk」ファイルが作成されました。
    ファイルの拡張子は「xlk」となります。

バックアップファイルの動作確認の例

  1. 「重要.xls」のB3:B5を削除して、「上書き保存」をして閉じました。
  2. 「重要 のバックアップ.xlk」を開いて確認してみると、前の状態で保存されています。

ファイルの場所(パス)を表示する      Topへ

Cell関数を使う方法

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)講座 Q&A(Tips)|ファイル(ブック)操作関連

 PageViewCounter
 Counter
 Since2006/2/27