よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)講座 Q&A(Tips)|セル操作関連
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)講座 Q&A(Tips):セル操作関連


スポンサードリンク

バラバラなセルを一度に選択する       Topへ

  1. 一度に選択したいセルを選択します。下記の場合は、【Ctrl】キーを押しながらクリックしていきます。
    名前ボックスをクリックして、名前を入力します。選択したセル範囲に「選択」と名前を定義しました。
  2. 一旦選択を解除します。
  3. 名前ボックスの▼ボタンをクリックし、ドロップダウンメニューの「選択」をクリックします。
    一度に名前を定義したセル範囲を選択できます。

入力順にアクティブセルを移動する    Topへ

  1. 入力するセルが、 B2,B4,B6,D2,D4,D6の順であるとします。
    B4,B6,D2,D4,D6の順でセルを選択していき、最後にB2を選択します。
  2. 選択範囲に「入力」と名前を付けます。 (名前ボックスに 入力 と入力します)
  3. 入力時に、名前ボックスで「入力」を選択すると、下図のようにB2がアクティブになってセル範囲が選択されます。
    後は、入力後Enterキーを押すと選択順にアクティブセルが移動します。
    下図は 1 Enter 2 Enter 3 Enter 4 Enter 5 Enter 6 Enter と順番に入力したものです。

いろんな種類のセルを選択する   Topへ

  1. [ホーム]タブの[検索と選択]→[条件を選択してジャンプ]をクリックします。
    数式、コメント、条件付き書式、定数、データの入力規則 などは[検索と選択]から選択することができます。
  2. 『選択オプション』ダイアログが表示されます。
    選択したい項目にチェックを入れ、【Ok】ボタンをクリックします。

(使用例)

  1. フィルタオプションの設定でデータを抽出した場合。
    表示されているデータ行のみを別シートにコピーするには、
    コピーしたい行範囲を選択して、「可視セル」を選択します。
  2. シートにオートシェイプをたくさん貼り付けてある場合、全てを一度に削除したい時は、
    「オブジェクト」を選択します。
  3. 条件付き書式を設定したセルがどこであったか分からなくなった場合は、
    「条件付き書式」を選択すれば確認できます。

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)講座 Q&A(Tips)|セル操作関連

 PageViewCounter
 Counter
 Since2006/2/27