よねさんのWordとExcelの小部屋

マトリクス表(クロス集計表)をリスト表に変更する:Excel Q&A(Tips)


スポンサードリンク


更新 2021/12/27

ピボットテーブル ウィザードを利用する方法 Power Queryエディタを利用する方法

マトリクス表(クロス集計表)をリスト表に変更する  Topへ

ピボットテーブル ウィザードを利用する方法  Topへ

  1. ピボットテーブル ウィザードを [Alt] [D] [P] と順番にキーを打鍵して開きます。
    アクセスキーを使って以前のバージョンで使用できていた機能を利用することができます。
    ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザード - 1/3が表示されます。
    「複数のワークシート範囲」のチェックを入れて、[次へ]ボタンをクリックします。
  2. ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザード - 2a/3が表示されます。
    「指定」にチェックを入れて、[次へ]ボタンをクリックします。
  3. ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザード - 2b/3が表示されます。
    範囲に シートのマトリックス表(クロス集計表)の範囲を選択してセル範囲を表示します。
    [追加]ボタンをクリックして、範囲一覧に セル範囲を登録します。
    [次へ]ボタンをクリックします。
  4. ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザード - 3/3が表示されます。
    「新規ワークシート」のチェックを入れて、[完了]ボタンをクリックします。
  5. 新たなシートにピボットテーブルが作成されました。
    右下の総計の総計のセル(E7セル)をダブルクリックします。
  6. 新たなシートに リスト表がテーブル形式で作成されました。
  7. テーブルを解除したいときは、テーブルを選択して、[Ctrl]+[C]でコピーして、新たな場所で[Ctrl]+[V]で貼り付けます。
    貼り付けオプションをクリックして[値の貼り付け]を選択します。

Power Queryエディタを利用する方法  Topへ

  1. マトリックス表(クロス集計表)を選択して、[データ]タブのデータの取得と範囲から グループにある[テーブルまたは範囲から]をクリックします。
  2. テーブルの作成が表示されます。
    データ範囲が正しいことを確認します。
    「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックが入っているのを確認します。
    [OK]ボタンをクリックします。
  3. PowerQuery エディター にデータが読み込まれます。
    列見出しを右クリックして[その他の列のピボット解除]を選択します。
  4. PowerQuery エディター にリスト表が作成できました。
    [ホーム]タブの[閉じて読み込む]をクリックします。
  5. シートにクエリと接続で6行読み込まれたことが表示されました。閉じるボタンをクリックして閉じます。
    リスト表はテーブルとして読み込まれました。
  6. テーブルを選択して、テーブルデザイン タブのツール グループにある[範囲に変換]をクリックします。
  7. 「この操作を行うと、シートからクエリ定義が削除され、テーブルが標準の範囲に変更されます。続行しますか?」と表示されます。
    [OK]ボタンをクリックします。
  8. 書式は残っていますが、テーブルが解除されました。

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)講座 Q&A(Tips)|マトリクス表(クロス集計表)をリスト表に変更する

 PageViewCounter
 Counter
 Since2006/2/27