よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)講座 Q&A(Tips)|表示形式(ユーザー定義)
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)講座 Q&A(Tips):表示形式(ユーザー定義)


スポンサードリンク

表示形式(ユーザー定義)の設定方法       Topへ

  1. 表示形式を変更するセルを選択します。
  2. メニューバーの【書式】→【セル】を選択します。
  3. [表示形式] タブを選択し、【分類】で【ユーザー定義】を選択します。
  4. 「種類」のボックスに新しい表示形式を作成します。

表示形式(ユーザー定義)の基本        Topへ

書式の例

書式 入力値 設定例 表示例 説    明
G/標準 123 123 標準の表示形式です。
【数値の書式】
" 123 @"円" 123円 「"」で囲まれた文字列を表示します。
入力値を@に置き換えて表示します。
# 123 # 123 1桁の数字を示します。# の数だけ桁数が指定され、その有効桁数しか表示されません。
「0」は表示されません。
123.5 124 小数部分は四捨五入されて表示されます。(値は123.5のままで表示が異なる)
0 123 0000 0123 1桁の数字を示すが、指定したゼロの桁数だけ常にゼロが表示されます。
123 0.00 123.00
? 1.2 0.?? 1.2 数値の小数点を揃えるために、整数部と小数部の余分なゼロがスペースで表示されます。
桁数の異なる複数の小数を揃えて表示する場合に使います。
1.25 1.25
,
(カンマ)
12345 #,### 12,345 数値の桁を区切ります(1000単位)。
数値を 1000 で割って小数部は四捨五入して表示されます。
12345 #,"千円" 12千円
123400000 0.0,,"百万" 1.23百万
【色の書式、条件付き書式】
[ ] 123 [赤]#,### 123 色の名前 (8 色) を指定して、文字色を指定します。
黒、青、水、緑、紫、赤、白、黄 が使用できます。
123 [色4]#,### 123 カラーパレットの色を指定します。nは0〜56
[ ] [青][>100]##0;[緑][<50]##0;[赤]##0
120 120 100より大きいと青色
40 40 50より小さいと緑色
60 60 それ以外は赤色
[DBNum1] 123 [DBNum1][$-411]#,### 一二三 数値を漢数字で表す。

(注)Excel2002以降では日本のロケールIDの[$-411]を指定しないと、保存後に開くと[$-FFFF]が設定される不具合があるようです。
以降の日付や時刻の場合も同様です。
[DBNum1][$-411]G/標準 百二十三
[DBNum2] 123 [DBNum2][$-411]#,### 壱弐参
[DBNum2][$-411]G/標準 壱百弐拾参
[DBNum3] 123 [DBNum3][$-411]#,### 123
[DBNum3][$-411]G/標準 百2十3
 
【日付】 (注)
y 2004/7/8 yy 04 西暦の年を表示します。 00〜99が表示できます。
yyyy 2004 1900〜9999が表示できます。
g 2004/7/8 ge H16 元号のアルファベット1文字が表示されます。 M,T,S,Hが表示できます。
gge 平16 元号の1文字が表示されます。 明,大,昭,平
ggge 平成16 元号が表示できます。 明治,大正,昭和,平成
e 1994/7/8 ggge 平成6 年が1桁表示になります。
gggee 平成06 年が2桁表示になります。
r 1994/7/8 r 06 「ee」と同じです。
rr 平成06 「gggee」と同じです。
m 2004/7/8 m 7 月数を表示します。 1〜12が表示できます。
mm 07 01〜12が表示できます。 1〜9は01〜09と0付で表示されます。
mmm Jul Jan〜Dec 月名が省略形で表示されます。
mmmm July January 〜 December
mmmmm J J〜D 頭文字が表示されます。 MarchとMayは「D」と表示されます。
d 2004/7/8 d 8 日数を表示します。 1〜31が表示できます。
dd 08 01〜31が表示できます。
ddd Thu 曜日が省略形で表示されます。 Sun〜Sat
dddd Thursday Sunday〜Saturday
a 2004/7/8 aaa 日〜土
aaaa 木曜日 日曜日〜土曜日
  2004/7/8 ggge"年("[$-409]yyyy"年)"m"月"d"日" 平成16年(2004年)7月8日 和暦と西暦を混在させる例です。
ロケールIDで英語(U.S.)を使用しています。
【時刻】 (注)
h 8:07:09 h 8 時を表示します。0〜23が表示できます。
hh 08 00〜23が表示できます。
m 8:07:09 h:m 8:7 分を表示します。 0〜59が表示できます。
mの前にhもしくはsと一緒に使います。でないと、Month(月)になります。
h:mm 8:07 00〜59が表示できます。
s 8:07:09 s 9 0〜59が表示できます。
ss 09 00〜59が表示できます。
0 1:01:01.32 h:mm:ss.00 1:01:01.32 1秒以下を表示したいとき「.00」をつけます。
ただし、数式バーには秒までしか表示されません。
セル内をクリックすると秒未満は削除されてしまいますので、
文字列で処理するなどちょっと手を加える必要があります。
[h] 25:30 [h] 25 24時を超える時間を表示します。
[m] 4:10 [m] 250 60分を超える分を表示します。  左の例は4*60+10=250
[s] 1:10:10 [s] 4210 60秒を超える秒を表示します。 左の例は1*60*60+10*60+10

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)講座 Q&A(Tips)|表示形式(ユーザー定義)

 PageViewCounter
 Counter
 Since2006/2/27