よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)講座 Q&A(Tips)|表示関連(1/2)
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)講座 Q&A(Tips):表示関連(1/2)


スポンサードリンク

ファイルの拡張子を表示する

  1. [スタート]ボタンをクリックして、[Windowsシステムツール]→[コントロールパネル]をクリックします。
  2. 表示方法を「カテゴリ」にします。
    [デスクトップのカスタマイズ]をクリックします。
  3. [エクスプローラーのオプション]をクリックします。
  4. エクスプローラのオプションの[表示]タブを選択します。
    詳細設定で「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外して、[OK]ボタンをクリックします。

セルに分数を表示したい      Topへ

数値の表示を小数点で揃えたい     Topへ

セルの表示形式を利用する方法

  1. セルを選択します。
  2. [ホーム]タブの数値グループにあるダイアログボックス表示ツールをクリックして、セルの書式設定を表示します。
    ショートカットキーは [Ctrl]+[1] です。
  3. [表示形式]タブで【ユーザー定義】を選択して【種類】で表示形式を変更します。
  4. 小数の桁数が3の場合で説明します。
    1. 方法(1) 小数の桁数分『0』を使う
      • ユーザー定義を「0.000」とします。
        ただし、全て小数点以下3桁で表示され、不要な0が付きます
    2. 方法(2) 小数の桁数分『?』を使う
      • ユーサー定義を「0.???」とします。
        ただし、整数の値に「.」小数点が表示されます。
    3. 方法(3) 小数の桁数+1の『 』(Space)を使う
      • ユーザー定義を[0.???]とするところまでは(2)と同じ。
        整数のセルだけ[0____]と「0」の後ろに[Space]を4こ入れます。
        フォントが[プロポーショナルフォント]では文字幅が異なるので、[等幅フォント](例えばMS ゴシックなど)にします

文字列で表示する方法

  1. B1セルに『=IF(A1=TRUNC(A1),TEXT(A1,"#,##0!!!!"),TEXT(A1,"#,##0.???"))』と入力し、下方向へコピーします。
  2. 書式で文字の配置(横位置)を右揃えにします。そして、フォントは等幅フォントを使用します。

2000を2千円と表示したい    Topへ

  1. セルを選択します。
  2. ホーム]タブの数値グループにあるダイアログボックス表示ツールをクリックして、セルの書式設定を表示します。
    ショートカットキーは [Ctrl]+[1] です。
  3. 【表示形式】タブで【ユーザー設定】を選択します。
  4. 【種類】に「#,###,"千円"」と入力します。 #,### の後ろに , (カンマ)を入力します。
    百万円単位としたい時は「###,,"百万円"」とします。#,### の後ろに , (カンマ)を2個入力します。

千単位、百万単位で表示するには?

万単位で表示するには?

  1. 【ユーザー定義】で「#”万円”」と入力して、【Ctrl】+【J】キーを押します。
    『種類』の欄が空白になりますが、気にせずに、「####」と入力します。
  2. 【配置】タブを選択し、「折り返して全体を表示する」にチェックを入れます。

平成1年を平成元年と表示したい    Topへ

0で始まる数字を表示したい    Topへ

数値として表示する

 社員番号やIDなどで0から始まる数字にしたい時は、表示形式を変更します。

  1. セルを選択します。
  2. ホーム]タブの数値グループにあるダイアログボックス表示ツールをクリックして、セルの書式設定を表示します。
    ショートカットキーは [Ctrl]+[1] です。
  3. 【表示形式】タブで【ユーザー定義】を選択します。
  4. 【種類】に「0000」と表示したい桁数分「0」(ゼロ)を入力します。

文字列として表示する

10000時間以上の値を入力する   Topへ

数字を全角・漢数字で表示したい   Topへ

数字の頭に+を表示したい(±0を表示する)   Topへ

  1. セルを選択します。
  2. ホーム]タブの数値グループにあるダイアログボックス表示ツールをクリックして、セルの書式設定を表示します。
    ショートカットキーは [Ctrl]+[1] です。
  3. 【表示形式】タブで【ユーザー定義】を選択します。
  4. 【種類】に「+0;-0;"±0"」と入力します。

0を表示したくない    Topへ

  1. [ファイル]タブをクリックして、バックステージビューを表示します。
  2. [オプション]をクリックします。
  3. Excelのオプションで[詳細設定]を選択します。
    次のシートで作業するときの表示設定で「ゼロ値のセルにゼロを表示する」のチェックを外します。
    なお、この設定はシート単位で設定します。
  4. 設定前/後の状態
    • 設定前
    • 設定後
  5. ゼロ値を非表示にした場合で、一部だけ「0」を表示したい時は、セルの表示形式で対処します。
    • 【例】D4セルを選択し、[Ctrl]+[1]でセルの書式設定を表示して、ユーザー定義で 0;-0;0 とします。
      D4セルの「0」が表示されました。

部分的に0を表示しない方法

  1. 表示形式で対処する
    • [Ctrl]+[1]でセルの書式設定を表示して、ユーザー定義で「0;-0;;@」とします。
      または、「#」とします。
  2. 数式で対処する
    • IF関数を利用して、「""」(文字数0の文字列,空白)を返すようにします。
    • (例)B1-A1が0となる時空白とするには、=IF(B1-A1=0,"",B1-A1) とします。
  3. 0の時、セルの書式でセルの背景色と同じフォント色にして、見えなくします。
    • 条件付書式を利用します。
    • 【例】[書式]→[条件付き書式]から設定します。

      こんな感じになります。(セルを選択したらうっすらと見えますが、選択していないと見えません。)

セルの値を見えなくしたい    Topへ

  1. セルを選択します。
  2. ホーム]タブの数値グループにあるダイアログボックス表示ツールをクリックして、セルの書式設定を表示します。
    ショートカットキーは [Ctrl]+[1] です。
  3. 【表示形式】タブで【ユーザー設定】を選択します。
    【種類】に ;;; (セミコロンを3個)と入力します。

解除方法

  1. [ホーム]タブの数値グループにあるダイアログボックス表示ツールをクリックして、セルの書式設定を表示します。
    ショートカットキーは [Ctrl]+[1] です。
  2. 【表示形式】タブで【ユーザー設定】を選択します。
    【種類】で「;;;」(セミコロンを3個)を選択します。
    【削除】ボタンをクリックします。
    ブック内で設定されていた、全てのセルの書式が解除され、値が表示されます。

ふりがなを表示したい    Topへ

ふりがなを表示/非表示にする

  1. セルを選択します。
  2. [ホーム]タブの[ふりがなの表示/非表示]をクリックします。
    クリックする毎に表示と非表示を切り替えることができます。

ふりがなを修正する

  1. セルを選択します。
  2. [ホーム]タブの[ふりがなの表示/非表示]→[ふりがなの編集]をクリックします。
  3. ふりがなの後ろのカーソルが表示され編集可能な状態になりますので、キーボードから修正できます。

ふりがなの種類を変える

  1. セルを選択します。
  2. [ホーム]タブの[ふりがなの表示/非表示]→[ふりがなの設定]をクリックします。
    【ふりがなの設定】ダイアログが表示されます。

並べ替え時にふりがなを使用する/しない の確認は?

  1. [データ]タブの[並べ替え]をクリックします。
  2. 並べ替えダイアログの[オプション]ボタンをクリックします。
  3. 「並べ替えオプション」ダイアログの『方法』を確認します。

数式を表示したい      Topへ

  1. 文字列として表示する方法
    =SUM(A1:A5)と表示したい場合「'=SUM(A1:A5)」と頭に「'」(アポストロフィ)を付けて入力します。
  2. 他のセルに表示する場合は、FORMULATEXT関数を使うことができます。
    FORMULATEXT関数,ISFORMULA関数の使い方 をご覧ください。
  3. 計算式を確認したい場合や印刷したい場合、簡単に切り替える方法
    ショートカットキー【Ctrl】+【Shift】+【@】  (解除も同じです)
  4. Excelのオプションで設定する
    1. [ファイル]タブをクリックして、バックステージビューを表示します。
    2. [オプション]をクリックします。
    3. [詳細設定]を選択して、次のシートで作業するときの表示設定で「計算結果の代わりに数式をセルに表示する」にチェックを入れます。

数式を表示しない     Topへ

  1. シート全体を選択します。
  2. [ホーム]タブの数値グループにあるダイアログボックス表示ツールをクリックして、セルの書式設定を表示します。
    ショートカットキーは [Ctrl]+[1] です。
  3. 『保護』タブを選択します。
    「ロック」と「表示しない」のチェックをはずします。
  4. 数式を表示したくないセルを選択します。
    ここでは J6:J18セルを選択しました。
  5. 【書式】→【セル】の【保護】タブで「ロック」と「表示しない」のチェックを入れます。
  6. [校閲]タブの[シートの保護]をクリックします。
  7. 「シートと保護されたセルの内容を保護する」にチェックを入れて【OK】ボタンをクリックします。
    (パスワードを付けて解除を制限することもできます)
  8. C1セルには「=SUM(G6:I6)」と入力されていますが、数式バーには何も表示されなくなりました。
  9. このセルはロックして有りますので、何か入力しようとすると次のような警告が表示されます。
    これで、数式の改変を防ぐこともできます。

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)講座 Q&A(Tips)|表示関連(1/2)

 PageViewCounter
 Counter
 Since2006/2/27