よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)基本講座の目次グラフの作成方法:目次|グラフの作成方法:補助円グラフ付き円グラフを作成する
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)基本講座:グラフの作成方法:補助円グラフ付き円グラフを作成する


スポンサードリンク

補助円グラフ付き円グラフを作成する   Topへ

作成手順   Topへ

  1. 補助グラフにするデータを除いたデータのセル範囲「A3:B6」を選択します。
  2. 【グラフウィザード】ボタンをクリックし、補助円グラフ付き円グラフを選択します。
  3. 補助円グラフにするデータのセル範囲「A9:B13」を選択し、補助円グラフ内へドラッグ&ドロップします。
  4. グラフツールバーで「系列1」を選択し、「書式設定」ボタンをクリックします。

    または、円グラフをダブルクリックします。
  5. 書式設定のダイアログで、「オプション」を選択し、「補助プロットに含む値の個数」を「5」とします。
  6. 凡例の配置を下側、データラベルの分類名を表示すると、下のようなグラフが作成できます。
  7. なお、データラベル「他」は2回クリックして(ダブルクリックではありません)選択します。
    更に文字部分をクリックして、カーソルを表示してから「A」に書き換えればよい。

凡例に「A」を表示する   Topへ

  1. データ表にダミーのデータを挿入します(A3:B3にAと0を挿入)。
    そして、A3:B7を選択して、グラフウィザードで上記と同じ手順で作成します。
  2. 上記グラフで不要なデータラベル「A」を2回クリックして(ダブルクリックではありません)選択後、もう一度文字部分をクリックするとカーソルが表示されるので「A」を【BackSpace】キーで削除します。
    「他」は同様に操作し「A」に変更します。
  3. データ要素を2回クリックして(ダブルクリックではありません)その要素を選択します。
    右クリックメニューから「データ要素の書式設定」からパターンの色を凡例と同じ色に変更します。
    または、要素を選択してからダブルクリックしてもよい。
  4. 変更後の状態です。

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)基本講座の目次グラフの作成方法:目次|グラフの作成方法:補助円グラフ付き円グラフを作成する

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27