よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)実用編:目次|バイオリズムのグラフ作成
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)実用編:バイオリズムのグラフ作成

スポンサードリンク

データシートの作成 グラフの作成 グラフの修正

使用する関数と機能

完成例と計算式   サンプルファイル(biorhy1.xls 約36KB) Excel2016で作成(biorhy2.xlsx 約30KB)

元になるデータ表の作成    topへ

  1. B1セルに生年月日を入力します。時間が分かる場合は時間を含めて入力します。
    D1セルに知りたい日を入力します。 (グラフの中央にする日付になります。この日付の前後30日がグラフに表示されます。)
  2. グラフ化するのは知りたい日の30日前から表示することとします。
    A4セル:=D1-30
    A5セル:=A4+1 として、A65セルまでフィルハンドルをドラッグして数式をコピーします。
  3. 経過日数 B4セル:=A4-$B$1
  4. 身体(P) C4セル:=SIN($B4*2*PI()/23)
  5. 感情(S) D4セル:=SIN($B4*2*PI()/28)
  6. 身体(I) E4セル:=SIN($B4*2*PI()/33)
  7. セル範囲B4:E4を選択して、フィルハンドルをダブルクリックするとデータ表がほぼ完成です。

グラフの作成    topへ

  1. データ表の「A3:A65」を選択し、Ctrlキーを押したまま「C3:E65」を選択します。
  2. [挿入]タブの「散布図(X、Y)またはバブルチャートの挿入」→「散布図(平滑線とマーカー」を実行します。
  3. シートにグラフが表示されました。
    行を折りたたんでいますので、非表示のデータが無視されてしまいます。
    アウトラインの「+」ボタン、またはアウトライン番号「2」をクリックして、行を展開します。
  4. データを展開するとグラフがちゃんとできました。
  5. グラフをシートに移動します。
    グラフを選択して、グラフツールを表示します。
    [デザイン]タブの[グラフの移動]をクリックし、グラフの配置先で「新しいシート」にチェックを入れます。
    [OK]ボタンをクリックします。
  6. グラフが[グラフ1]シートに移動しました。

グラフの修正    topへ

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)実用編:目次|バイオリズムのグラフ作成

 PageViewCounter
 Counter
 Since2006/2/27