よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)上級講座:目次|No.2 ブックの管理
よねさんのWordとExcelの小部屋

Excel(エクセル)上級講座:No.2 ブックの管理


スポンサードリンク

2-1.テンプレートの作成、編集、および適用
2-2.作業状態ファイルの作成
2-3.データの統合

2-1.テンプレートの作成、編集、および適用    topへ

Point1:【名前を付けて保存】でファイルの種類を【テンプレート】として保存する。

【操作手順】

  1. メニューバーの【ファイル】→【名前を付けて保存】を選択します。
  2. 【ファイルの種類】で【テンプレート(*.xlt)】を選択します。
    すると、保存先が「Templates」になります。
  3. 【ファイル名】にファイル名を入力し、【保存】ボタンをクリックします。

【説明】

Point2:作業ウィンドウの【標準のテンプレート】から開く。(Excel2002以降)

【操作手順】

  1. [ファイル]→[新規作成]を選択します。
  2. 作業ウィンドウが開きます。
  3. 【標準のテンプレート】をクリックします。
  4. テンプレートフォルダが開くので、ファイルを選択します。

2-2.作業状態ファイルの作成   topへ

Point:【ファイル】→【作業状態の保存】を使う。

【操作手順】

  1. [ファイル]→[作業状態の保存]を選択します。
  2. 【ファイルの種類】が「作業状態ファイル(*.xlw)」となっているのを確認します。
  3. 【ファイル名】に名前を入力して、【保存】ボタンをクリックします。

【説明】

【ステップアップ】


2-3.データの統合     topへ

Point1:【データ】→【統合】を使う。

シート間のデータの統合

(もっとも複雑な例です)

【操作手順】

  1. 統合先の基準となるセルをクリックして、アクティブにします。
    売上高の合計シート(統合先) の B5セル をクリック。
  2. メニューバーの【データ】→【統合】を選択します。
  3. 【集計の方法】は【合計】を選択しました。
  4. 【統合元範囲】を入力します。
    A支店の売上高シートのシート見出しをクリックして、C6:F11を選択します(項目を含めます)。
  5. 【追加】ボタンをクリックして、
    B支店の売上高シートのシート見出しをクリックして、B5:E10を選択します(項目を含めます)。 
    ダイアログが邪魔になる時は、下図(3)(ダイアログ縮小ボタン)をクリックして小さくします。
  6. 【統合の基準】は【上端行】と【左端列】にチェックを入れます。
    月数と商品名を基準に合計するため。
  7. 【OK】ボタンをクリックします。


統合の基準


シート間の統合でリンクする場合


ブック間のデータの統合


数式の入力

【操作手順】
  1. 入力するセル(C4)をクリックし、「=」をキーボードから入力します。
  2. 参照するセル、「A支店」シートの見出しをクリックし、D11セルをクリックします。
    数式バーには「=A支店!D11」と表示されます。
  3. 【Enter】キーを押して確定します。

リンク貼り付け

【操作手順】
  1. 参照するセル、「A支店」シートの見出しをクリックし、D11セルをクリックします。
  2. ツールバーの【コピー】ボタンをクリックします。
  3. 入力するセル(C4)をクリックし、
(4)-1 ツールバーの【リンク貼り付け】をクリックします。 (4)-2 メニューバーの【編集】→【形式を選択して貼り付け】を選択します。
(4)-3 【リンク貼り付け】ボタンをクリックします。

  1. 数式がリンク貼り付けされました。
    リンク貼り付けをすると、数式は絶対参照になっています。

  2. ブック間の場合も同様です。
    数式は「=[ブック名]Sheet1!$A$1」とブック名の入った式になります。

スポンサードリンク


よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)上級講座:目次|No.2 ブックの管理

PageViewCounter
 Counter
 Since2006/2/27