よねさんのWordとExcelの小部屋

入力規則の使い方:Excel基本講座

スポンサードリンク


入力規則の設定方法 入力規則の解除方法 入力時メッセージの設定 エラーメッセージの設定
入力規則の設定をすべて変更する
日本語入力をオンにする 重複データの入力防止 リストが表示されない
入力規則で無効なデータを入力可能にする
(エラーメッセージを表示しない)
無効な値を調べる

入力規則の設定方法            Topへ


入力規則を解除する方法

  1. 入力規則の設定範囲が分かっている場合

    1. セル範囲を選択して、[データ]タブの[データの入力規則]を選択して、データの入力規則ダイアログを表示します。
      [設定]タブで[すべてクリア]ボタンをクリックして、入力値の種類を「すべての値」にします。


    2. または、セル範囲を選択して、[ホーム]タブの編集グループにある[クリア]→[すべてクリア]を選択します。
  2. 入力規則の設定範囲が一部しか分からない場合、同じ入力規則だけをクリアしたい場合

    1. 入力規則が設定されたセル1つを選択して、[データ]タブの[データの入力規則]を選択して、データの入力規則ダイアログを表示します。
      [設定]タブで「同じ入力規則が設定されたすべてのセルに変更を適用する」にチェックを入れると、同じ入力規則が設定されているセルがすべて選択されます。
      「すべてクリア]ボタンをクリックします。
  3. どこに入力規則を設定しているか分からない場合

    1. [ホーム]タブの編集グループの[検索と選択]→[条件を選択してジャンプ]をクリックします。
    2. 「データの入力規則」にチェックを入れ、「すべて」にチェックを入れ実行します。
    3. 入力規則が設定されているセルが選択されるので、以降は上のA〜Bを実行します。

入力時メッセージの設定

エラーメッセージの設定

入力規則で設定した値以外も入力可能にするには?

日本語入力の設定

入力規則を設定したセルを選択する / 入力規則の設定をすべて変更する

入力規則の変更

リスト範囲を自動でのばす      Topへ

日本語入力を自動でオンにする      Topへ

重複データの入力を防止する(入力規則)    topへ

VBAで対処する例    topへ

ドロップダウンリストが表示されない   topへ

  1. [データ]タブの[データの入力規則]を選択して、データの入力規則ダイアログを表示します。
    [設定]タブで「ドロップダウンリストから選択する」にチェックを入れると表示されます。
  2. [ファイル」タブをクリックして、バックステージを表示して、[オプション]を選択します。
    Excelのオプションで[詳細設定]を選択して、「オブジェクトの表示」で「すべて」にチェックを入れると表示されます。

無効な値を調べる方法   topへ

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|入力規則の使い方

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27