よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|ドロップダウンリストを設定する
よねさんのWordとExcelの小部屋

ドロップダウンリストを設定する:Excel基本講座


スポンサードリンク


同一シートのリストを使う 別シートのリストを使う リストを切り替えて使う
リスト範囲を自動でのばす リストが表示されない

同一シートのリストを使う       Topへ

値を入力する場合

セル範囲で指定する場合

別シートのリストを使う       Topへ

別シートのセル範囲をマウスで指定する(Excel2010以降)

  1. Sheet2のB2:B13に1月〜12月と入力しています。
  2. 設定するSheet1のB3セルを選択します。
    [データ]タブの[データの入力規則]を選択します。
  3. データの入力規則 ダイアログボックスが表示されます。
    入力値の種類で「リスト」を選択します。
    元の値のボックス内をクリックして、カーソルを表示します。
    Sheet2のあらかじめ入力していたセル範囲B2:B13をマウスでドラッグします。
    元の値に Sheet2!$B$2:$B$13 と入力されます。
    [OK]ボタンをクリックします。
  4. Sheet1のB3セルにドロップダウンリストで1月〜12月を選択することができました。

名前の定義を利用する

INDIRECT関数を使う    Topへ

リストを切り替えて使う     Topへ

  1. リストとなる部分に名前を定義します。
    1. セル範囲A6:B6を選択し、名前ボックスに「品名」と入力します。
      セル範囲A7:A8を選択し、名前ボックスに「パソコン」と入力します。
      セル範囲B7:B8を選択し、名前ボックスに「プリンタ」と入力します。
    2. セル範囲A6:B6を選択し、名前ボックスに「品名」と入力します。
      セル範囲A6:B8を選択し、[挿入]→[名前]→[作成]を選択します。
      『上端行』にチェックを付けて、[OK]ボタンをクリックします。
      A7:A8に「パソコン」、B7:B8に「プリンタ」と名前を定義できました。
  2. A2セルを選択し、[データ]→[入力規則]を選択します。
    • [設定]タブの「入力値の種類」で「リスト」を選択します。
    • 「元の値」の入力欄をクリックし、「=品名と入力します。
  3. B2セルを選択し、[データ]→[入力規則]を選択します。
    • [設定]タブの「入力値の種類」で「リスト」を選択します。
    • 「元の値」の入力欄をクリックし、「=INDIRECT(A2)と入力します。
    • なお、A2セルが空白の状態ですと、『元の値はエラーと判断されます。続けますか?』
      とメッセージがでますが、『はい』をクリックして進みます。
  4. A2セルの選択によって、B2セルのリストが切り替わります。
    A2セルでパソコンを選択 A2セルでプリンタを選択

リスト範囲を自動でのばす      Topへ

ドロップダウンリストが表示されない   topへ

  1. [データ]タブの[データの入力規則]を選択します。
    データの入力規則 ダイアログボックスの[設定]タブで「ドロップダウンリストから選択する」にチェックを入れると表示されます。
  2. [ファイル]タブをクリックして、バックステージを表示します。
    [オプション]を選択して、Excelのオプションで[詳細設定]を選択して、タブの「オブジェクトの表示」で「すべて」にチェックを入れると表示されます。

スポンサードリンク



よねさんのWordとExcelの小部屋Excel(エクセル)講座の総目次Excel(エクセル)基本講座の目次|ドロップダウンリストを設定する

PageViewCounter
Counter
Since2006/2/27